2017-07-15

松居一代が目障りすぎる

一体なんなんだろうか。

女優?の松居一代が夫である船越英一郎の

不倫やらなんやらの証拠であるとか

いかにひどい夫であったかなどを

次々とネットを介して“暴露”しているのだとか。

ネットでニュースを開くとここ最近、毎日松居一代が登場するので

正直うんざりしている。

尾行されているなら警察に相談すればいいではないか

(創価学会員が尾行しているなら無意味ですけどね)

離婚するんだったらさっさと裁判を起こして

法廷で証拠を暴露すればいいではないですか

SNSに動画投稿しているヒマがあるならさっさと裁判所に行けばいいのに

そして法廷の中だけで醜い争いをすればいいのに

目立ちたいだけなのだろうか?

しかも夫と故人がかつて交際していたことを喜んで暴露するとか

どんだけ人のプライバシーに無関心なのかと思う。

こういう中高年は見ていて気分が悪くなるし

見たくもないのに視界に入ってくるから性質が悪いです。

今の中高年世代はホントに腐っていますね。

所詮、物質主義の世代ですからね…。
スポンサーサイト

2017-07-14

中身は何も変わっていない都議会

先の都議会議員選挙は

都民ファーストの党が大勝するという結果に終わりました。

この結果を見ていて思い出されるのは

小泉純一郎が首相を務めた時代の

「小泉チルドレン」現象です。

小泉純一郎も在日朝鮮人グループが送り込んできた日本破壊分子でした。

彼は「聖域なき改革」という

いかにもなスローガンを掲げて

郵政の民営化 → 国民が郵貯に貯め込んだ大金を市場へ放出する

というコソ泥っぷりを発揮していたわけです。

(ついでに民営化の結果、田舎の郵便事業が崩壊したわけですが)

その小泉純一郎政権下に大量投入されたのが

「小泉チルドレン」

と呼ばれる

知性も政治的ポリシーも責任感もなにもない容れ物議員たちでした。

その代表格として当時から注目されていたのが杉村太蔵氏でしたが

今やタレント業が大成功して安泰な人生を送っているようです。

まぁ、彼が目立ってしまうのですけれど

今でも政治家として活動を続けている人ももちろんいますけどね。

どっちにしても彼らは当時、「小泉純一郎」というネームバリューを頼りに

選挙に出馬して当選するという、代議士として無責任そのものでした。

それとまったく同じ現象だなぁ…と思うのが今回の「都民ファースト」現象です。

そういえば尻軽の小池百合子はかつて

小泉純一郎に取り入ろうとせっせと手弁当を作って馳せ参じてましたっけね。

あれとまったく同じですね。

自分で政治家を志して勉強するでもなく、地元で政治活動を地道にするでもない

小池百合子というブランドに乗っかってホイホイと選挙に出馬して

庶民を搾取する特権階級になってやろうという

そういう薄汚い魂胆がバレバレの連中が

都民ファーストの会であり小池塾の塾生なのですよ

彼らを選んだ都民のことをどうこう言うつもりはないですけれど

東京都議会の政治なんてそんなもんだということだけは

今回の選挙ではっきりしたんじゃないでしょうか。

そういえば小林麻央がかつて出演していた「恋のから騒ぎ」というTV番組で

とびっきりの基地外だった人物が都議会議員とかやってますしね。

つまり…別に都政は今までもこれからも何も変わらないってことです。

2017-06-21

たまてばこ

ご無沙汰しております。

勤務形態が変わってしまい、ブログの更新が遅れていることは

誠に申し訳なく思っております。

さて、先日NHKの日曜美術館かなにかを観ていたら

手箱展なるものの宣伝をしていました。

あの浦島太郎の玉手箱とされるものも展示されているとかで…

とここまででふと思ったことを徒然なるままに書いてみようと思います。

何をふと思ったかというと

今まで

「たまてばこ」

で一つの単語であるかのように認識していたということです。

もう少しきちんと説明すれば

「手箱(てばこ)」というモノの存在を

すっかり忘れていたということです。

手箱というものが、それはそれとして存在するのですから

例の「たまてばこ」は

「たま・てばこ」

であることを今更ながら認識したのであります。

ということで、「玉手箱」とは

「玉手箱」ではなく「玉・手箱」なのだと…

(皆様にきちんと伝わっているでしょうか?)

これで浦島伝説のオチの意味が小生なりに理解できたわけです。

古い言葉における「たま」といえば

まさに「魂」あるいは「霊」ではないでしょうか。

つまり小生の理解では

「たまでばこ」はある人物の魂や霊を隔離保存しておくための容器であって

それにより竜宮城という異次元世界において

浦島太郎は時空を超越して過ごすことができたのであろう

ということです。

おそらく、竜宮城に到着したあとの酒宴によって

浦島太郎は眠らされるわけです。

その間に乙姫らは、彼の魂あるいは霊を「たまてばこ」に隔離保存します。

こうすることで、時間の外側に飛び出ることができるのか

あるいは肉体的な老化現象を食い止めることができるのか分かりませんが

「浦島太郎が地上に戻ると時代が進んでいた」という展開につながるのです。

もしも浦島伝説を、たんなる神話や教訓的なおとぎ話として理解するのではなく

地球外文明や地底人とのコンタクト物語として考えるならば

「たまてばこ」は

彼らが永遠の命を手に入れるために開発した装置ということになりそうです。

彼らはわざわざ容器に保存したまま浦島太郎を地上に戻しました。

浦島太郎は、つい玉手箱を開けてしまうわけですが

そうすることでこれまで隔離されていた魂あるいは霊が

時間という制限の中に戻ってしまったため

浦島太郎は一気に老化してしまったのでしょう。

そんなことを、ふと思ってみました。

2017-06-09

医者に労働基準法は適用されない

過日、新潟市民病院の研修医が過労死したとニュースになった。

なんでも、月の時間外労働時間が200時間を超えていたのだという。

小生のひと月の時間外労働時間が80時間以上なだけで
(別に小生にとってはなんともないのだが)

病院側からはもっと早く帰るようにそれとなく勧告されているというのに

さすがに200時間以上では寝る間も休日もなく仕事をしているようなものだ。

しかし、地方の小中規模病院にとっては

研修医は貴重かつ重要な(そして廉価な)マンパワーとして

なくてはならない存在となってしまっているのが現状だろう。

しかし研修医は研修医なので

仕事が早いとは言えず、臨床に関してもわからないことだらけで

何をするにしても上級医よりも時間と労力、負担がかかってしまうというもの。

今回のニュースは、税金を数億円投じて育てた貴重な医療資源たる医師を

医療の現実がまんまと浪費しきってしまったというようなものです。

まぁ間違いなく、監督の立場にあった病院と上級医の責任です。

それが常態化していたとしたら、新潟市民病院はすでに限界病院でしょう。

とはいえ、外科医を筆頭に、

医者は一般人と比べて長時間勤務が当たり前になっています。

労働基準法なんてどこ吹く風、そんなもの適用していたら手術なんかできません。

脳外科手術なんてモノによっては24時間以上やってたりするんですから。

そう、日本の医療の一つの側面として

医師の人権を犠牲にして成り立っている部分があるのです。

別に今すぐ仕事の負担を軽減しろだなんて考えていませんけれど

もしも、日本のすべての医師に労働基準法が厳格に適用されて

強制休養させられるような世の中にでもなろうものなら

土日や祝日に急病を患った人の中には

運悪く死ぬ人もでてくるでしょう。

果たして日本の一般庶民がそれを良しとするのかどうか…

2017-06-07

憲法について考える

安倍を筆頭とした国会軽視、国民無視という

自民党清和会の暴走政治が続いていますが

彼らがせっせと制定しようとしている国民支配憲法が制定されてしまわぬよう

主権者たる国民である我々が

そろそろ本気で責任を持たなければならない時が来ています。

そもそも憲法とは何か…

その辺を理解していない人が多いのではないでしょうか。

ということで憲法というものについて

確認をしておこうと思います。

わかりやすい表現をしてしまえば

憲法とは…

主権者である国民が、

司法や立法や行政といった権力から

国民の主権や人権を守るために

彼らを抑制するために制定する

国家のルールである

といったところでしょうか。

何より大切なことは、

「憲法とは国民が自分たちの権利を守るために制定するものである」

ということなのです。

つまり…

政府が立ち上げた憲法研究会などというものが憲法の素案を作って

それを国民に了承させるなどということは

完全に本末転倒なのであって

そんなものは憲法ではないのです。
(単なる法律に過ぎないのです)

こういう基本的ですが最重要なことを学校教育では教えないわけで

これが洗脳教育でなくてなんなのかと思うわけです。

ということで、現安倍政権には

憲法改正をする権限も資格も最初からないのです。
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR