2017-06-21

たまてばこ

ご無沙汰しております。

勤務形態が変わってしまい、ブログの更新が遅れていることは

誠に申し訳なく思っております。

さて、先日NHKの日曜美術館かなにかを観ていたら

手箱展なるものの宣伝をしていました。

あの浦島太郎の玉手箱とされるものも展示されているとかで…

とここまででふと思ったことを徒然なるままに書いてみようと思います。

何をふと思ったかというと

今まで

「たまてばこ」

で一つの単語であるかのように認識していたということです。

もう少しきちんと説明すれば

「手箱(てばこ)」というモノの存在を

すっかり忘れていたということです。

手箱というものが、それはそれとして存在するのですから

例の「たまてばこ」は

「たま・てばこ」

であることを今更ながら認識したのであります。

ということで、「玉手箱」とは

「玉手箱」ではなく「玉・手箱」なのだと…

(皆様にきちんと伝わっているでしょうか?)

これで浦島伝説のオチの意味が小生なりに理解できたわけです。

古い言葉における「たま」といえば

まさに「魂」あるいは「霊」ではないでしょうか。

つまり小生の理解では

「たまでばこ」はある人物の魂や霊を隔離保存しておくための容器であって

それにより竜宮城という異次元世界において

浦島太郎は時空を超越して過ごすことができたのであろう

ということです。

おそらく、竜宮城に到着したあとの酒宴によって

浦島太郎は眠らされるわけです。

その間に乙姫らは、彼の魂あるいは霊を「たまてばこ」に隔離保存します。

こうすることで、時間の外側に飛び出ることができるのか

あるいは肉体的な老化現象を食い止めることができるのか分かりませんが

「浦島太郎が地上に戻ると時代が進んでいた」という展開につながるのです。

もしも浦島伝説を、たんなる神話や教訓的なおとぎ話として理解するのではなく

地球外文明や地底人とのコンタクト物語として考えるならば

「たまてばこ」は

彼らが永遠の命を手に入れるために開発した装置ということになりそうです。

彼らはわざわざ容器に保存したまま浦島太郎を地上に戻しました。

浦島太郎は、つい玉手箱を開けてしまうわけですが

そうすることでこれまで隔離されていた魂あるいは霊が

時間という制限の中に戻ってしまったため

浦島太郎は一気に老化してしまったのでしょう。

そんなことを、ふと思ってみました。

スポンサーサイト

2017-02-06

大切なことはアニメが教えてくれた③

もはや惰性…

最後は「逆襲のシャア」より。

アムロとシャア…

このνタイプ二人の、お互いに理解しあいつつも反目しあうライバル関係…

まぁ、アニメの世界では典型的な手法ではあるのですが

似た者同士でありつつもお互いに抱える様々な闇が

この両者の繰り広げる人間ドラマを面白くしています。

シャアはエースパイロットとして、エリート政治家として活躍してきました。

彼は言います。

「地球の重力に魂を縛られた愚民どもが地球を破壊している」

その通り。

いまの現実でもまったく同じです。

世はまさに衆愚政治まっさかり…

安倍チョン政権の独善的かつ反社会的な政策の数々こそ

国家反逆罪に問われてもよいものです。

「こんな地球、ぶっ壊してしまったほうがまだマシだ」

というシャアの驕り高ぶる気持ちは

残念ながら小生もときどき感じてしまうものです…

アムロにはシャアの気持ちがよくわかるようですが

彼はそれでも世界を救う道を選ぼうとします。

シャアとは違い、第一次宇宙戦争で連邦軍を救った救世主でありながら

その後は世俗から離れて裏方で生きてきたアムロ…

アムロは言います。

「それでも人の心の光を見せなければならないのだ」

と。

時代を先駆けてあまりにも早く進化してしまったνタイプの二人…

彼らが問いかけているのは我々オールドタイプの人類…

進化をするのか、破滅するのか

二者択一を迫られているのは、テレビ画面のこちら側なんですねぇ。

2017-02-03

大切なことはアニメが教えてくれた②

手塚治虫に続いて2回目の本日は

小生がいまだに多大な影響を受け続けている

「機動戦士ガンダム」

について勝手な意見を言わせていただきます。

「機動戦士ガンダム」といってもそのすべてではなく

小生がある程度しっかり観て影響を受けたのは

いわゆるファースト、ゼータ、逆シャアですけれども。

初代ガンダムが、第二次世界大戦を下敷きにして作られていることは

多くの方が知るところでしょう。

ジオン軍は明らかに「シオン」をもじったものですし

ギレン・ザビはまさにヒトラーです。

で、初代はいろいろと有名なので今回はZの方で…

Zでは悪の総大将はパプティマス・シロッコですね。

彼とカミーユとの最後の戦いでカミーユの言ったセリフの意味に

最近になってやっと気づいたのです。

自分が如何に長いこと洗脳下にあったか実感しました。

カミーユは言います。

「お前だ。いつもいつも脇から見ているだけで、人を弄んで。許せないんだ。俺の命に代えても、身体に代えても、こいつだけは」

「その傲慢は人を家畜にすることだ!人間を道具にして!それは人間が人間に一番やってはいけないことなんだ!」

「分かるまい!戦争を遊びにしているシロッコには、この俺の体を通して出る力が!」

と。

…この表現の意味するところにやっと気づいたのです。

これって…

ロスチャイルドとかロックフェラーみたいなユダヤ人のことですよね?

他人に戦争をやらせておいて自分は高見で見物する…

それはまさに現実世界でチェスをするような

そんな彼らのことですよね…?

いやぁ、この点に気づいてZの風刺的側面に気づかされました。

このクライマックスを飾る名台詞の他にも

Zでは作者の反戦に対する強い意志が溢れています。

「命は、命は力なんだ。命は、この宇宙を支えているものなんだ。それを、それを、こうも簡単に失っていくのは、それは、それは、醜い事なんだよ。」

「人の心を大事にしない世界を創って何になるんだ。」

Zではシロッコことユダヤ人が滅んで終わるわけですが

現実の地球ではまだまだそんなことは起こらなさそうですねぇ…

2017-02-02

大切なことはアニメが教えてくれた①

日本はアニメ大国であるという

確かにアジアにもヨーロッパにも

日本のアニメや漫画は広まっているようですが

アニメや漫画の背景にある日本の文化的、精神的側面は

どのように捉えられているのでしょう?

小生はもう漫画などほとんど読むことはないのですが

最近、人気のある漫画としては、ワンピースとか進撃の巨人とか

その辺でしょうか?

ワンピースはNWOとスカルアンドボーンズが種ネタですし

進撃の巨人はネフィリムが元ネタでしょうかね…

いまどきの若い世代には伝わるものがあるのでしょうけれど

小生なんかは結局のところ手塚治虫とかガンダムとか

なんかあの辺の漫画に影響されてしまいましたね…

小生は外科医なので手塚治虫の「ブラックジャック」は

全編ではないにせよ、たいへんよく読みました。

ブラックジャックの持つ才能と驕り

そして葛藤…

単なるヒューマンドラマに収まらず、ファンタジーの要素も入り混じり

さまざまな魅力的なキャラクターが登場するのも良いところです。

人間になりきれない人間、ピノコ

自分では大人だと思いつつも大人になりきれない彼女は

しかしその一方、作中で唯一ブラックジャックを深く愛する存在でもあり

彼女の母性的な愛は、時として普通の人間すら失ってしまった

真の愛を感じさせるあたりが逆説的で考えさせられます。

また、ブラックジャックと対照的でありつつも

深いところでは同じ価値観を共有するDrキリコ…

最後まで治療を選択するブラックジャックと

最後にはあきらめて安楽死を選択するキリコ…

この両者の対立、そして命という神秘に対する

人間の無力さと傲慢さは

まさに医者たるものが常に心しておくべきものです。

「ブラックジャック」を観て医者になりたいと思ったわけではありません。

しかし、「ブラックジャック」ほど「命」というテーマについて

読者に直球で問いかける漫画は今の日本にあるのでしょうか?

手塚治虫の漫画は、今でも色あせることなく

それぞれの作品に込められたメッセージは

現代でも通用するのではないでしょうか。

2017-01-10

徐々に進む情報公開…Xデーは近いのか?

まずは以下のmsn ニュースの記事をご覧ください

--------------------(以下、転載)-----------------------

チャールズ・ダーウィンが科学に対して多大な貢献をしたことに異論がある人は少ないだろう。ダーウィンは、自然選択理論によって進化が実際にどのように起こるのか、生物の多様性を筋が通るように説明し、現代生物学の礎を築いた。しかし、彼の提唱した進化論にはところどころ誤りがあることを近年の科学が明らかにしている。特に「ヒトはサルから進化した」とする人類の進化に関する進化論には、疑問が呈されることが少なくない。
■進化の空白“ミッシング・リンク”とは?
 進化論では、サルから分化した集団が猿人(代表例:アウストラロピテクス)、原人(代表例:ジャワ原人、北京原人)、旧人(ネアンデルタール人)という段階を経て新人(ホモ・サピエンス)に至ると説明される。しかし、化石の発見などから、人類はそれほど単線的に進化してきたわけではないことがわかってきている。例えば、アウストラロピテクスと我々人類の間には直接的な関係はなかった可能性が指摘されている。彼らは、絶滅した化石人類であり、彼らが進化して我々人類になったわけではないようなのだ。
【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/01/post_11934.html】
 人類進化は、そう単純なものではなかったことが徐々に明らかになりつつあるのだが、進化論の影響は科学や教育の場で依然として根強い。しかし、その進化論が説明するように、人類が段階的に進化してきたと考えるならば、腑に落ちない大きな謎が存在する。「ミッシング・リンク(失われたつながり)」である。
 人類の遺伝子はチンパンジーやオランウータンと99%同じだとされているが、人類を彼らと区別する残りの1%が、いつ・どのように形成されたのか具体的にわかっていないのだ。ご存じの通り、確認されている中で最も古い化石人類は「アウストラロピテクス(約390-290万年前)」だが、その前段階、直立二足歩行開始直後の類人猿の化石は見つかっていない。化石発見上、人類の祖先は突然直立二足歩行を開始したようなのである。人類の起源に何らかの形で宇宙人が関わっていたとする『古代宇宙飛行士説』はトンデモ説と見なされることも多いが、こうした謎を説明するものとして生まれたという経緯がある。
■人類は地球上で生きるようにデザインされていない?
 古代の謎を探求するウェブサイト「Ancient CODE」は2016年11月5日付の記事で、アメリカの生態学者が著した一冊の本を紹介している。エリス・シルバー博士は、著書『HUMANS ARE NOT FROM EARTH』内で、かなり大胆で具体的な古代宇宙飛行士説を展開している。博士は、人類(ホモ・サピエンス)はあるとき宇宙からやってきたという仮説を、人類の生物的特徴を分析した上で提唱する。
 人類が宇宙からやってきた根拠であると博士が主張する、人類の生物的特徴は以下の4つ。
1. 腰痛  多くの人を苦しめている腰痛であるが、博士はこの原因を、人類が地球より重力の弱い環境下で生きていたことの証拠と見ている。
2. 日光に弱い皮膚  我々は、強い日差しの下では、数時間足らずで火傷のような日焼けを負ってしまう。他の動物のように、何の問題もなく太陽の下で過ごすことはできない。これは我々が元々、地球上で浴びるような強烈な日光を前提にデザインされていないからだ。
3. 困難な出産  人類の出産が困難である要因のひとつとして、出産時の胎児の頭が大きすぎることが挙げられる。これは極めて不可解なことで、他の動物には見られない。博士は、これも地球の強い重力が影響していると考えている。
4. 慢性的な病気  他の動物に比べると、圧倒的に多くの慢性疾患を抱える人類。これは我々の体内時計がズレていることによる結果である、と博士は考える。我々の体は1日25時間を想定して作られたという。
 これらの点から考えて、博士は人類が地球の環境に適合できていないとみなす。
「これらの病気は、何も近代になってから問題化したのではありません。こうした状態は、地球における人類の歴史を通して、常に我々を苦しめてきたのです」(エリス・シルバー博士)
 さらに博士によると、多くの人が「自分は地球に所属していないのでは」といった漠然とした不安感・孤独感を抱えているという。これらの点を考え合わせ、「人類は20万~6万年前の間に他の惑星からやってきた」という仮説に至るのだ。ではなぜ、我々は生きるのに適しているとはとてもいえない地球に送られてきたのだろうか。
「人類は他の惑星で、今のように進化したようです。その後、最も進化した種として、地球に連れてこられたのでしょう。連れてこられた理由ですが、地球は囚人が送られる刑務所のような役割を果たしていたのだと思います。人類には、暴力性が備わっていることを認めざるを得ませんから。正しい行いを学ぶまで、ここ(地球)から出られないのではないでしょうか」(同博士)
 確かに、我々人類は他の動物たちと比べ病気がちである。そうした事実に基づく博士の大胆な仮説は魅力的だが、直感的な部分が多く科学的であるとは言い難い。しかし博士によると、この本を出版した目的は、科学的な理論を打ち立てることにあるのではなく、人類進化の謎について議論を起こすことにあるという。
 事実NASAの宇宙生物学者、クリス・マッケイ氏からは、「人類が地球外生命体であることを証明するには、常識では考えられないほど、より飛躍的な証明が必要だろう」との異論が出ている。ちなみにマッケイ氏は、地球に落下した隕石に付着したバクテリアが生命を形作った、と考えている。シルバー博士の“地球=刑務所説”とはかなり異なるものの、生命誕生に地球外からの影響を認めている科学者は意外なほど多いようだ。
■聖書の記述をサポートする「古代宇宙飛行士説」
 さて、人類誕生には高度に発達した地球外生命体が関与していたというアイディアは、『プロメテウス』や『2001年宇宙の旅』などのアメリカ映画にたびたび採用されるが、なぜアメリカではこうもポピュラーなのか、その要因を探ってみたい。「サルが進化してヒトになった」とする進化論はキリスト教、特に聖書に登場する出来事を歴史的な事実と捉える、ファンダメンタリスト(キリスト教原理主義者)によって激しく非難されてきた。
 ケンブリッジ大学の神学者ジョン・レイトフット氏により、神による天地創造は紀元前4004年10月18日から24日にかけて起こり、アダム創造は同年10月23日午前9時と算出され、その時に全ての生物も個別に創られたそうだ。アメリカは、このように聖書を史実と捉えるキリスト教原理主義が根強く、いまだに州によっては公立学校で進化論が教えられることはない。こういった事情が、「古代宇宙飛行士説」に関係しているのではないだろうか。つまり、「古代宇宙飛行士説」は、部分的に聖書の史実的な誤りを認めることになるものの、進化論を真っ向から否定することができるのだ。「古代宇宙飛行士説」がアメリカでとりわけポピュラーであるのには、このような宗教的理由も絡んでいるのかもしれない。

-----------------(転載終了)--------------------

ちなみにいかにもダーウィンが突然変異による進化論を

主張したかのような書き方をしていますが

ダーウィンは生物の進化の過程において

「そういう可能性もあるかもね」

程度に言及していただけでした。

「突然変異と弱肉強食の進化論」理論だけが」独り歩きしているようです。

にしても、ひと昔前までマスメディアは

「UFOや宇宙人なんて子供の信じるファンタジー」

てな感じで嘲笑していたのに

最近ではこのようなニュースがちらほらと登場してきました。

シオン修道会の言うように

真の情報を独占している勢力は時代の変化に合わせて

情報を少しずつ公開しているというのでしょうか。

それとも、イルミナティの「ブルービーム計画」の実行が

いよいよ間近に迫ってきているので

イルミナティ側からの情報操作ということなのでしょうか?

いずれの場合にせよ、マスゴミを信じる世間のB層の皆様にとっては

「古代に宇宙人が地球にやってきていて彼らの都合で人類を創造した」

という話が「世間の常識」になるのではないかと思いますよ。

それが真実か否かは今の小生には確かめようもないことなのですが…
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR