2018-05-24

日大悪質タックル事件に見る日本の物質主義

日本大学アメリカンフットボール部の悪質なタックルをめぐる対応…

世間の多くの方が感じているように

内田前監督と井上コーチらの威圧的な態度および指示によって

精神的に追い込まれた宮川選手が悪質なタックルを実行してしまった

というのが実際のところなのではないでしょうか。

で、その真偽については様々なブログで取り上げられているでしょうから

この件に関する周辺的なことについて感じたことを書き記してみます。

まず、日本の大学スポーツのトップレベルにおいて

「対戦相手を意図的に負傷させようという卑劣かつ利己的な発想が存在する」

ということ。

やはりというかなんというか、内田前監督世代の醜さが露呈したようです。

国内外において、また、様々なスポーツで

意図的な反則や、相手を負傷させる危険なプレーをする人々は存在します。

しかし、日本人の精神性の高さや、まさに武士道精神の次元では

そのような卑劣かつ低俗な行為はありえないものでした。

そういう崇高さが世界から驚異の目で見られた先人たちには備わっていました。

結局、自分(達)が勝てれば相手はどうなってもいい

という自己中心的な発想というのは、まさに物質主義全開の発想なわけで

そういった思考・発想をするような人々が世の中の重要な地位や

数的優位性を持つようになっていることが

日本の社会が破滅に向かって一直線に進んでいる背景にあると感じています。

奇しくも、相撲という国技において、横綱白鵬の

勝てればそれでいいエルボーあるいは張り差しを多用した立ち合いが

しばしば品格という点で問題視されていることと同義です。

正々堂々と正面から受けて立つという横綱相撲ができなくなったのなら

横綱を引退すべきなのです。

平幕と同じやり方の相撲で勝利数を重ねてもなんの意味もないのですが

それを理解できない横綱と、それを黙認する協会には辟易してしまいます。

さて、宮川選手の告発会見があって

当初は「24日に文書が回答する」と宣言していた

前監督とコーチが緊急会見を開いて言い訳をして

公衆の面前で露骨な嘘を平然ついてしまっているわけですが

(これは安倍晋三が国会でやり続けていることとよく似た光景であると思います。)

で、結局、こういった嘘を平然とつき、良心が痛まない(存在していない?)

そんな強欲で傲慢な人々が指導者をしている…

このままでは日本のスポーツ界の未来は暗いままでしょう。

「プロスポーツは結果がすべてだ」とか

「金メダルを取らなければ意味がない」などという言葉がありますが

勝利することを最善あるいは最高と思っているような低俗な発想では

スポーツをする本来の意味も意義も理解できませんし

そのような発想を抱いているからこそオリンピックやスポーツ大会が

商業や政治に利用されてしまうのです。

今回の件は、そういった氷山の一角であるように思います。

スポンサーサイト

2018-05-15

ある院長の話

新潟で小児の遺体が線路脇に遺棄されていた事件。

被疑者が逮捕された?ようですが

この事件について小生の知るある病院の院長が

「こういう線路脇の子供の遺体なんかを見るとね

 私なんかは満鉄のことを思い出すんですよ。

 あのころ満州にはちゃんとした道なんてなかったから

 線路脇を歩いていくわけです。

 そうすると子供の死体がいっぱいあってね…

 下を向いて歩いたもんです。

 そういうことを思い出しますね。」

と話しておられた。

なるほど、そういう時代、そういう世界を生きてきた方は

我々とはまた違う感覚であの事件をとらえるんだな…と

率直に思いました。

戦争を経験した世代ももう後期高齢者以上になっており

当時のことをきちんと話せる人も少なくなっていきます。

歴史とは往々にして歪曲されて後世に伝えられていくものですけれども

真実あるいは事実をゆがめることはその時代、その社会で生きた

我々のご先祖あるいは先人たちに対する侮辱以外のなんでもないと思います。

特亜三国はいまだにありもしなかったことをでっちあげて

歴史認識だ戦後賠償だなどと政治問題として利用していますが

彼らのやっていることは、彼らの国々の過去を歪曲することであり

彼らの祖先に対する冒涜や侮辱です。

一方われわれ日本人も、先の戦争について

賛否や善悪を超越した立場から歴史的事実とその背後関係について

正確に理解するよう努めなければなりません。

私利私欲のために第一次、第二次世界大戦を

画策・実行した連中はまだ存在しています。

彼らが第三次世界大戦を引き起こし、世界統一政府を樹立する

という目標をいまだに掲げているのも変わりありません。

そんなサイコパスどもの妄想に巻き込まれないために

我々がきちんとしなければなりません。

2018-05-12

ハラスメント・ハラスメント

最近、政治家や官僚のセクシャルハラスメントが目に付きます。

セクシャルハラスメントは

民度あるいは当事者の人格の低さを象徴するものであると思いますが

政治家や官僚、公人などの場合には

それが別の目的で利用されているというのが実際のところでしょう。

今回の財務次官の件にしても

セクハラにあたる言動は前々からあったはずなので

温存しておいて、今このタイミングで政治的に利用された

というのが本当のところなのではないでしょうか。

しかしながら、こういったレベルでのセクシャルハラスメントと

われわれ一般市民の日常生活レベルにおけるセクハラ問題では

一線を画すように思います。

奇しくも麻生タローが「セクハラ罪という犯罪はない」と言っていたように

セクハラは明確に定義された客観的な基準のあるものではありません。

つまり、セクハラにあたる言動を受けた人あるいは周囲の人が

不快感に感じた…という非常に主観的な基準に基づくものであり

これがセクシャルハラスメントをややこしいものにしています。

例えば夜の世界、ホストクラブなんかで

ホストが客に対して何を言おうと体を触ろうと

セクハラで訴えられるなどということはまずないでしょう。

また、ある会社の職場で、非の打ち所がないイケメンがいたとして

その人物が女子社員に「君を抱きたい」なんて言ったりしても

まぁまずセクハラにはならないのでしょう。

“された方が不快に思ったらセクハラ”というあまりにも主観的な基準のままでは

世の中は崩壊していくだけでしょう。

例えば、ある会社の女性職員が胸を強調するような服装をしていたとか

スカートの丈が短いとか、ボディラインがはっきりする服装だったとか

それだって、見る人が見れば不愉快極まりなかったりするわけで

そういうことをいちいちセクシャルハラスメントとして対処していったら

日本中で統一された服装じゃなければいけなくなるんじゃないでしょうか?
(もちろん現実的にはそんなことにはならない)

また、もう一つの問題としては

このセクハラという問題が、フェミニズムの連中にいいように利用されている

ということだと思います。

フェミニズム運動は、一見とても良いものであるように見えますが

フェミニズム運動も、きっかけはメーソンによる反社会活動・革命運動であり

最終的には既存の文化、民族性、信仰、社会、多様性を破壊することが目的です。

彼らは既存の価値観を否定する一方で

彼らの提唱する新たな価値観を押し付けてくるわけですが

取り繕われた美しい見た目の裏には独饅頭が仕込まれているように思えます。

セクハラ問題を見るときには、その視点が必要ではないでしょうか?

何においても、利用されている側というのは

最後まで自分が利用されていることに気づかないものです。

よくある例えですが、ピエロとその客がいて

ピエロは笑われているのでしょうか?

笑わせているのでしょうか?

笑わせさせられているのでしょうか?

本当に笑っているのは誰でしょうか?

2018-04-09

新しい季節になりました

4月になり、年度も新しくなって、

新生活を送ってらっしゃる読者の皆様も多いかと思われます。

しかしながら、初夏のように暑くなったり冬の寒さに戻ってみたりと

寒暖が安定しない日々が続いております。

今年は桜もだいぶ早く開花してしまったため

各地の桜祭りも日程がくるってしまったことでしょう。

やはりこれは、気候が不安定であるということであって

つまり気候変動の問題であると思われます。

単なる温暖化や寒冷化ではないのです。

そして地球上での人類の活動がそう大して変化していないことを考えると

やはり気候変動は地球外部の影響…

つまり太陽活動や宇宙空間からの影響によるものと考えるのが

もっともシンプルかつスマートなのではないでしょうか?

何を言いたいかというと

自然破壊はもってのほかですけれども

人類の活動によって気候変動が生じているなどという考えは

だいぶトンチンカンなのではないかということです。

そしてCO2の排出量に対して課税したり法的に規制することも

だいぶトンチンカンなのではないかということです。

もしも大気汚染を問題視するのならば

世界中の酪農によって生じているメタンガスと森林破壊を問題視すべきでしょう。

あるいは中国が奥地の砂漠でコソコソ繰り返している核実験などを

問題視すべきでしょう。

いやそれよりも

民族間や国家の不和を煽り、演出し、戦争を起こそうと画策している

一部の民族、結社、企業のほうが

いま、まさに喫緊の問題として解決すべきことではないでしょうか?

2018-02-23

罪悪感を感じないチョコレート

甘い物を食べると太ってしまう…

そんな罪悪感を抱かせないように と

近年売られているのが「no guilty sweets」

という、カロリーを控えた菓子商品です。

今月は2月ということで

バレンタインデーに盛り上がった方々も多いのではないでしょうか?

しかし…

チョコレートの実態を知ってしまったら

罪悪感を感じずに食べることなどできません。

チョコレートの原材料であるカカオは

本来はアマゾンの熱帯雨林で木陰に生息する小さな木でした。

王族や一部の特権階級の人のみが

その恵みを味わうことができたのですが

ヨーロッパ人が侵略し、その味を知ると

さっそく量産しようということで持ち帰りました。

これが悲劇のはじまりです。

カカオはアフリカの農場で緑の革命方式で栽培されることとなりました。

その結果、アフリカで発生したのが

「児童の奴隷労働」

という悲劇です。

欧米諸国は少しでも安い労働力・低コストでカカオを手に入れたいと考えます。

そしてアフリカの農主も同じ考えをし

さらに貿易の恩恵を受けるアフリカの政府も同じ考えをした結果

右も左もわからない児童が

軟禁され、不当に労働をさせられ、暴力を振るわれる

という悲劇が起きたのです。

今や部隊はアフリカから南米や赤道直下の国々へと移り

多少はマシな状況になったとはいえ

カカオ、そしてチョコレートはいまだに

不当な労働によって供給されている食品なのです。

本来なら、数倍以上の値段で売らなければ

現地の人々の利益になりません。

結局、われわれ”先進国”の社会は

こういった不均衡によって成り立つ社会なのです。

これが健全な成長であり、人類の進歩・発展といえるのでしょうか?

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR