2018-02-02

自然と生きる

関東は今年2度目の積雪。

今回は都市機能がマヒするほどの積雪とはなりませんでしたが

東京が雪に弱いのは相変わらずです。

健康とは人間にとって自然な状態

人体にはホメオスタシスと呼ばれる

「現状を維持しよう」という仕組みがあるのですから。

だから健康に生まれたのなら健康であり続けるのが自然な状態。

つまり病気になるのは不自然な状態

だから「何が不自然なのか」を見つけて修正してあげれば

身体は自然と健康を取り戻すのです。

人体がバランスを崩すきっかけの一つが

自然界との乖離

であると考えます。

今まで何千年、何万年ものあいだ自然とうまく折り合いをつけてきたのに

この数百年で急速に自然界に背くようなことばかりしてしまいました。

たとえばスーパー堤防や護岸工事

あんなことをしたら自然界のサイクルやバランスを破壊するだけで

結局そのツケがあとで人間に返ってくるだけだというのに

国交省とそこにぶらさがる土建業、政治家の生活を支えるために

自然が破壊されているのです。

日本はもはや人口減少時代。

これ以上の開発など(使う人間がいなくなるので)不必要なはずです。

にもかかわらず、少数の人間の懐を満たし、

生活を支えるためだけに自然が破壊されているのです。

土建業などももはや淘汰されていくべきであるのに

国土という財産を犠牲にして生きながらえています。

なんてバカバカしいことでしょうか。

海外を見てみればいいではないですか。

大自然を敬い、その恩恵にあずかろうというのなら

津波や洪水の危険がある地域などには住まなければいいだけの話です。

川は定期的に氾濫するからこそ

土壌が撹拌されて肥沃な土地ができあがるのです。

草津白根山などの火山も同様です。

奇しくも草津温泉の女将が言っていたように

すべての温泉は火山の賜物なのですから

火山活動に伴うリスクを受け入れねばなりません。

これだけ自然を破壊し続けておいて

災害なんてなければいいと思うなんて

そういうのをまさに自然の冒涜というのだと思います。

日本民族はかつて、世界でも有数の、自然を愛し自然を敬う民族でした。

今の世の中の疾病の発生動向などを見ていれば

もはや日本人はほとんど消滅したということがわかるような気がします。

スポンサーサイト

2018-01-27

終末時計 残り2分

米国科学雑誌が発表している「終末時計」

地球のなが~い歴史を24時間で表示したとして

人類によって地球が破壊されて終末が訪れるまであとどのくらい時間があるか

というユーモラスのあるものですが

その終末時計によれば、地球はあと2分だそうです。

それほどまでに人類による地球の破壊の危機が広がっている…

と、彼らは発表したわけですが

自然を征服すべき対象と捉えて無制御・無秩序に自然破壊を繰り返し

それを文明の発展であると言い続けてきたのは白人たちじゃないですか。

正しい表現をするなら

「白色人種によって地球が破滅されられるまであと2分」

とでも言ってもらいたいものです。

それとも有色人種はそもそも亜人類だと思っているので

最初から眼中にないのでしょうか?

自然を畏敬の対象とし、その恵みを享受しながら自然と共生してきた

縄文人である日本人にとってはまったくもって馬鹿げた話です。

自然破壊を推し進めたのも、原住民を虐殺して領地を拡大させたのも

平和に暮らしていた大半の人類を

破壊、混沌、不和、恐怖などの危機にさらしたのはまさに白人ではないですか。

そういう歴史認識とか自覚って彼らにはないんでしょうね。

彼らは自分=正義と考えてしまう人々ですから…

2018-01-14

気候変動なのか気候サイクルなのか

この週末はセンター試験でした。

受験生だったころが懐かしいです。

人生の分岐点ともなりうるこのセンター試験、

雪でご苦労された受験生の皆様、お疲れ様でした。

さて、夏には最高気温が38℃だ北極の氷が融けただのと騒いでいたメディアが

最近ではNY氷漬けになっただのウン十年ぶりの大雪だのと騒いでおります。

このことからわかるのは、地球では決して温暖化が起こっているのではなく

「季節の差が極端になっている」

という、気候変動の問題だということです。

しかもこれは、実はウン十年とかウン百年というサイクルで起こっている

ごく当たり前の自然現象に過ぎないのかもしれません。

近視眼的になってしまうと、去年より暑いとか寒いとか

そういう世間話レベルに終始してしまいそうですが

地球の長い歴史の流れの中から見れば

いつも通りの出来事に過ぎないのかもしれません。

しかし

メディアや企業、政治を支配する側は

我々に近視眼的で短絡的で感情的になってほしいと思っています。

そうすれば洗脳するのはたやすいことだから。

なのでわれわれは、決して彼らの戦略にはまらないよう

慎重に議論すべきなのです。

2017-12-23

ついに始まったビットコインバブルの崩壊

世界共通の第三の通貨として誕生した仮想通貨。

現代社会の諸悪の根源である中央銀行による通貨発行権を奪取した

まさに人類が新しい文明へと足を踏み入れるための布石となる希望でしたが

ここにきてついに崩落が始まったようです。

msnニュースによれば(以下転載)

仮想通貨ビットコインの22日の下落率は一時約30%に達し、飛び付いて買った投資家は過去最大級の試練に直面している。
  ビットコインは18日に1万9511ドルの過去最高値を付けて以来、4日連続の大幅安。ブルームバーグがまとめる総合価格に基づくと他の仮想通貨も同様に急落し、日中安値でイーサリアムは36%安、ライトコインは43%安をつけた。
  この日のビットコインの安値は1万776ドルで、米商品先物取引委員会(CFTC)がビットコイン先物の取引許可に合意した今月1日以来の1万ドルに近づく場面があった。週間での騰落率は過去3週間に13%上昇、44%上昇、32%上昇と快進撃を続けてきたが、今週は安値で39%の下落となる。
  ビットコインと金の取引を手がけるシャープス・ピクスリーのロス・ノーマン最高経営責任者(CEO)は「ハイエナたちがうろつき始めている。先物市場が攻撃の場となるかもしれない」と指摘。「ビットコインは個人投資家が大きく押し上げてきたが、頃合いを見計らって相場を強引に押し下げようとする攻撃的なファンドが幾つか出てくるだろう」と述べた。

(転載以上)

ということで、ここにきて急落し始めました。

実はビットコインなど仮想通貨の崩壊の可能性は

苫米地英人氏が以前から著書のなかで指摘していました。

苫米地英人氏によると、現在のビットコインの価格高騰は

主に中国人投資家たちによるものであるそうです。

中国人投資家が何台ものスーパーコンピューターを買いそろえて

ビットコインの取引台帳の書き換え競走をせっせとやっていたのだそうです。
(そうやってビットコインは値上がりするそうです)

しかし、その書き換え作業には膨大な電力が必要となるらしく

そしてまた他者を追い抜くためにはさらに高性能なPCを買わねばならず…

ということで、中国人投資家たちはもうすでにのっぴきならない状況…

つまり、今のまま続けていても大赤字だし、

かといってここで辞退しても丸損だし…

という状況に陥っていたそうです。

もちろんこれは欲の皮が突っ張りすぎた彼ら自身の自業自得ではあるのですが

これによってビットコインがいつか急落する可能性があるということは

仮想通貨の生まれ持った諸刃の剣であるようです。

msnニュース中の“個人投資家”とはまさに中国人投資家のことでしょう。

そして“ハイエナ”とはNYのウォール街の連中のことでしょう。

通貨発行権を収奪されたユダ金にとって

仮想通貨など許せるはずはないでしょうから

破壊すると同時に大儲けしようと虎視眈々と狙っているはずです。

とはいえ

仮想通貨がこれで消えてなくなるという訳ではないでしょう。

一部の欲に目が眩んだバカがバカ騒ぎしているだけです。

もっと時間が経てば市場も熟成してちょうどいい落ち着きを見せると思います。

まぁ今回は、中国人投資家にはいいお灸になったんじゃないでしょうか。

2017-11-26

高度経済成長の代償

近年、製造業における大企業の倫理を問われる問題が発覚しています。

神戸製鋼しかり

日産自動車しかり…

日本を代表する製造業が

なぜ、検査データを改ざんしたり、安全検査をないがしろにするのでしょう…

彼らの言い訳はいずれも

「課せられたノルマを達成するためにやむを得なかった」

という主旨ですが

つまり、顧客の安全性などよりも企業の業績の方が大切だ

ということなわけです。

これ、受け入れられるものでしょうか?

風当たりの厳しい医療業界が同じようなことを言ったら

皆様納得されるでしょうか?

「病院の業績を上げるたえには患者の安全性が損なわれても仕方ない」

医療業界だったら猛反発するでしょ?

それなら製造業でもまったくまかり通る言い訳ではないですよね。

こういうところに、高度経済成長という煌びやかな名称で飾られた

強欲な物質主義まっ盛りな時代の本質が表れていると思いますよ。

つまり、売れればあとはどうでもいいってことです。

まるで今のソフトバンクみたい。

目先の結果がすべてな訳です。

金第一、金こそすべて。

倫理とか信用とか安全とか

そんなことに文句をつける奴は放っておけばいい。

それが物質主義であり高度経済成長を支えたと自負する人々のマインドです。

そりゃぁ、すぐキレる老人が量産されますよ。

そりゃぁ、社会のルールやモラルを守らない身勝手な老人が量産されますよ。

今の高齢者世代ってそういう世代です(もちろん全員ではないけれど)。

彼らが作り上げた狂気の世界を、まずは造り直さなきゃいかんのですよ。

あ、そういえば電通の社員過労死問題で

社長に課せられた賠償金がたったの50万円でしたね。

そんなんじゃ懲罰的な意味にもならないし

家族にはなんの慰めにもならないし

企業の体質を変えるほどの効果もないでしょうねぇ。

そんなんだから、現代は狂気の世界だと言われるんです。
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR