2017-09-05

芸能界ってブラック業界だなぁ…

女優 武井咲とEXILEのTAKAHIROが結婚だそうで。

なんでもできちゃった婚だとか。

個人的には「へぇ~」でおしまい。

なのに芸能界では大問題らしいですね。

オスカープロモーションとしては稼ぎ頭の武井咲が

こんな形で急に仕事をキャンセルすることになったので

その損害が大変なようです。

ジャニーズとかアイドルグループもそうですけれど

男女の恋愛や結婚を禁止したり

あまつさえ業界全体や事務所が阻止・破壊しようとする文化…

いやぁ、芸能界ってほんとうにろくでもない世界だなぁと

つくづく思います。

まともな人間が興味本位で入ってしまっていい世界ではないような…

そんな気がします。

TAKAHIROが結婚することになって

武井咲のブログとかは炎上したりしないのでしょうか?

ジャニーズなんかだと付き合ってる女優やモデルのSNSが炎上したり

この世のものとは思えない罵詈雑言がネット上で飛び交ったりするものですが

あーゆーのを見ているとアイドルファンの女性には

もはや人間ではない魑魅魍魎みたいなのがたくさんいるんだなぁ…と

寒気がしてしまいます。

偶像と魑魅魍魎…

芸能界って魔界ですね~
スポンサーサイト

2017-08-01

8月になりましたね

ご無沙汰しております。

小生がブログを書かなくても世の中は動いております。

ちょっと気になったニュースをmsnニュースで見かけたので

例の如く転載してみます。

(以下転載)---------------------------------------------------

7月に警察庁から突如として発表されたパチンコの出玉規制。警察庁生活安全局保安課は、今回の規制について一般人から意見を募集(締め切りは8月9日)しているが、それがどのように生かされるのかは懐疑的に見る人も多い。
 今回の出玉規制は依存症対策という一面もあるとされているが、実際にヘビーユーザーはどう受け止めたのか。パチプロのAさんに話を聞いた。
●本当に必要なのは“投資規制”
――今回の規制が、依存症対策になると思いますか?
Aさん なるわけがないですよ、絶対に。“のめりこみ防止”のために儲けの上限を下げるということだけど、それでは単純に負け額がどんどん増えていくだけです。依存症問題の根本は、頻度ではなく金額。しかも、リターンではなく投資の金額です。大富豪が1日に競馬で100万円負けても痛くないけど、普通の会社員がパチンコで1日に10万円も負けたら、きついですよね。
――確かに。身の丈に合わない金額を使ってしまうのが、ギャンブル依存症の本質ということですね。
Aさん たとえば、生活に支障のない範囲で安い風俗店に行っていれば依存症とはいわれません。趣味や嗜好の範囲内です。でも、借金したり何かを我慢したりしてまで高い風俗店に頻繁に行っていたとしたら、「依存症だ」と言われますよね。
――人は誰でもなんらかの趣味を持ったり何かに依存したりして、それにお金を使っています。
Aさん だから、規制をするなら出玉ではなく投資額に対する規制が必要なんです。お金をあまり使わなくて済むのであれば、それはギャンブルではなくて趣味や遊びの範疇になるでしょう。
――レートの低い1円パチンコや0.5円パチンコなどは、依存症対策として有効ですね。
Aさん そう、あれこそ遊技。もっとレートが低くてもいいくらい。金遣いの荒いギャンブラーは「こんなの時間の無駄だ」と、パチンコをやらなくなるだろうし、たとえ1日中打ったとしても使う金額はたかが知れています。
――警察庁がパチンコをギャンブルとして認めず、あくまで“遊技”だというのであれば、そういう方向に規制すべきですね。
Aさん なぜやらないのか、疑問です。いわゆる三店方式をグレーゾーンとして残しておきながら「パチンコはギャンブルじゃない」と言い張っても、説得力はないですよ。換金を禁止してこそ「ギャンブルではない」と言えるんです。
――事実上の換金を黙認するにしても、2015年に東京都遊技業協同組合が等価交換を禁止したように、組合が一律で換金率を下げることもできます。
Aさん 今までのように換金率をホールが決めていれば、ユーザーは高換金率のお店に行くのは当然です。でも、全ホールが同じ換金率であれば、あとはお店独自のサービスだったり景品の品揃えだったり、付加価値の勝負になる。そういう状況は健全だと思います。
●元凶はメーカーやホールのユーザー軽視?
――なるほど。ほかに、依存症対策として必要なものはありますか?
Aさん そもそも、パチンコの問題点は簡単に手を出せるということ。競馬や競艇などは開催日が決まっていますよね。もちろん、携帯電話や場外で馬券や舟券を買うことはできますが……。
 一方、パチンコは毎日、朝から晩まで打つことができる。しかも、パチンコホールがない都道府県はありません。都市部であれば、駅前に複数店舗あるのは当たり前です。
――店舗の営業日や営業時間を規制すべきということですか?
Aさん もちろん、そんなことが無理なのはわかっています。しかし、本気で依存症対策に乗り出すなら、それくらいやらないと意味がないでしょう。薬物依存症の場合、薬物の値段を高くしても依存症の人は借金してでも買ってしまうわけですから。
 簡単には買えなくする。罰則をつくる。それでもダメなら、依存症の人は隔離する。薬物依存症の対策と同じように、簡単に手を出せなくする方策が必要だと思います。
――だからといって、簡単には手を出せないように1玉の金額を上げれば、逆にハイレートのギャンブルになってしまう。本末転倒ですね。
Aさん そう。だからこそ、遊びの範疇のレートにするか換金できなくするかのほうが早い。営業日や営業時間の規制なんて、今さら無理でしょう。
――「のめり込み防止」ではなく、ある意味でパチンコを「のめり込んでも大丈夫な遊技」にするべき、ということでしょうか。
Aさん そうです。
――なぜ、警察庁はそんなことがわからないのでしょう?
Aさん パチンコを打たないからです。監督している警察庁、そしてメーカーやホールのトップがパチンコを打たないから、トンチンカンなことをしてしまう。パチンコを打ったことがあれば、何が良くて何が悪いのか、わかるはずです。
 でも、打ったことがないから一般論や世論に乗っかるしかない。場合によってはすべて人任せにして、上がってきた案にGOサインを出すだけ。もしくは、変な思い込みで間違った対策をしてしまうこともあるでしょう。
――それでは、良い方向に向かうはずがありませんね。
Aさん パチンコをその程度にしか考えていないってことですよ。本気で良くしようという気がない。メーカーのトップだって、人前ではきれいごとを言っても、内心では「嫌なら打つな。でも、お前ら、文句を言いつつ結局は打つんだろ?」ってユーザーをバカにしているのではないでしょうか。
――それは言いすぎかもしれませんが。なんとなくわかる気もします。
Aさん パチンコを知っている人、パチンコを好きな人がトップに立てば、業界は良くなります。だから、いっそのこと、パチンコ依存症の人をアドバイザーに据えたら、依存症対策もうまくいくかもしれませんね。
(構成=山下辰雄/パチンコライター)
------------------------------------------------(以上、転載)

パチンコ産業の異常性については以前にも記事にした記憶があります。

パチンコは韓国ですら

「国家を滅ぼすギャンブル」

と認定して禁止しているような危険なものです。

精神的にも肉体的にも百害あって一利なしであると

医師として断言せねばなりません。

しかもそのようなギャンブルが

一、警察組織の利権になっていること

一、在日朝鮮人組織の利権になっていること

一、売り上げの一部が北朝鮮へ送金されている可能性があること

など、日本国家にとってまさに存亡の危機の火種ともいえるものなのです。

しかし、上記のニュースのように

警察も官僚も、そして当然政治家も

パチンコを維持でもギャンブルとして認めず

国民の愉しみの一つであるとして

その存在を容認しています。

まぁ一番重要なのは

「一般人がパチンコ・パチスロをしないという意思を持つ」

ことなわけです。

あんなもの人生においてやる必要性も価値もまったく無いのですから。

しかしまぁ…

中高年以上を中心に、快楽主義と物質主義に溺れた日本人には

あんなものが魅力的で楽しいものとして感じられるんでしょうね。

覚醒剤と同じですかね~。

2017-07-15

松居一代が目障りすぎる

一体なんなんだろうか。

女優?の松居一代が夫である船越英一郎の

不倫やらなんやらの証拠であるとか

いかにひどい夫であったかなどを

次々とネットを介して“暴露”しているのだとか。

ネットでニュースを開くとここ最近、毎日松居一代が登場するので

正直うんざりしている。

尾行されているなら警察に相談すればいいではないか

(創価学会員が尾行しているなら無意味ですけどね)

離婚するんだったらさっさと裁判を起こして

法廷で証拠を暴露すればいいではないですか

SNSに動画投稿しているヒマがあるならさっさと裁判所に行けばいいのに

そして法廷の中だけで醜い争いをすればいいのに

目立ちたいだけなのだろうか?

しかも夫と故人がかつて交際していたことを喜んで暴露するとか

どんだけ人のプライバシーに無関心なのかと思う。

こういう中高年は見ていて気分が悪くなるし

見たくもないのに視界に入ってくるから性質が悪いです。

今の中高年世代はホントに腐っていますね。

所詮、物質主義の世代ですからね…。

2017-04-26

暴走泰葉の真相はいかに…

落語家・春風亭小朝の妻であるタレントの泰葉さんが

小朝師匠からの家庭内暴力を暴露して騒いでいるようです。

泰葉氏は“元祖プッツンタレント”と言われる人物ですが…

気になるのは彼女が双極性障害であるという点。

小朝氏からDVがあったかどうかは別として

彼女がキレる時は

実は躁病相に入っているときなんじゃないかと懸念されます。

一般に、躁病あるいは躁病相の状態は

“過活動”

であることが特徴なわけですが

躁病的に過活動になっているときには攻撃性も高まるのです。

TVに出るときはたいがいプッツンしている泰葉氏…

逆に言えばTVに出る元気がある時というのは躁状態のときなので…

攻撃性も高まっているという状態なのではないかと思うのです。

まぁ…

現代の精神医療には何も治せませんから

泰葉氏の言動が過激でも仕方ないのかもしれませんけどねぇ。

2017-04-10

新年度

新年度になりました。

小生の職場も変わり

今までよりも忙しい日々を送っております。

というわけで

ブログの更新が今までよりもゆっくりなペースになると思われますが

これからも物好きな皆様からのご支援のほど

よろしくお願い申し上げます。
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR