2017-12-09

ユダヤが堂々と世界の表舞台に

アメリカ合衆国トランプ大統領がついに

“エルサレムをイスラエルの首都に認定”

しました。

これは世界の政界にとって大激震。

そもそもアメリカ以外に

イスラエルを正当な国家として認定している国は地球上に存在しませんでした。

イスラエルという国はパレスチナで暮らす民族の土地であったにも関わらず

自称、神の選民であるユダヤ人が

自分たちが神に与えられた土地であると主張して不法に占領し

ユダヤ人の国であると言い張っている土地です。

この、第二次世界大戦後に仕掛けられたユダヤによる世界征服作戦において

反ユダヤを潰すための肉の壁に利用されたのがアウシュビッツ。

「アウシュビッツ収容所でユダヤ人が民族浄化されそうになった」

なんて嘘、まともな知性のある人は誰も信じないわけですが

この嘘が政治の舞台においてはまさに伝家の宝刀となっているわけです。

さて、そんなインチキ国家であるイスラエルを

独立した正式な国家であると認定し、あまつさえエルサレムを首都であると

トランプのこの発言はまさに第三次世界大戦の宣戦布告並みの発言ですね。

これが、アメリカ白人保守層のご意見なんでしょうか?

これがアメリカ合衆国にとって自国の利益となることなんでしょうか?

クリントンではなく、トランプが大統領になって

本当にアメリカの裏社会の勢力図が変わったのでしょうか?

トランプ大統領は、いかにも白人至上主義のようでいて

娘婿はユダヤ教徒、娘もユダヤ教に改宗しようかという勢い

そして財務省長官、国務長官、国家経済会議の委員長のすべてが

ロックフェラー家に関係する人物と…

まさにトランプ政権=ロックフェラー政権なのですよ。
(ロックフェラー家=アメリカンユダヤの頂点)

ただし、死にかけ爺ちゃんのジョン・ロックフェラーと

脂の乗りきったジェイ・ロックフェラーとの間には対立があるようですが。

どっちにしたってフリーメーソンを自分の手足のように使うことができ

イルミナティの一員である一族による政治支配には変わらないわけで

ジョン・ロックフェラーでさえ空気を読んではばかっていたイスラエル問題を

平然と表舞台に出してきて既成事実化しようとしているあたり

ジェイ・ロックフェラーの若さと勢いの表れでしょうかねぇ。

第三次世界大戦はユダヤ=フリーメーソンによる世界征服の最終ステップ。

戦争になったら日本は終わりです。
スポンサーサイト

2017-10-23

よくできた出来レースだった衆議院選

衆議院選挙が終わり、自民党が大勝という結果に…

まぁよくできた出来レースでした。

まず小池百合子が「政権をひっくり返す」と大風呂敷を広げて

希望の党に注目を集めさせます…

しかし、小池百合子にも希望の党にも

政治力なんてこれっぽっちもないことは容易に推測できそうなものですが…

そして前原氏の計画倒産で民進党が事実上消滅したところで

枝野氏が立憲民主党を立ち上げます。

これで見事な対立関係の出来上がり。

実力はないけれど「あわよくば当選してやろう」という下心溢れる候補者が

希望の党に群がりました。

そしてメディアが 自民 VS 希望 という構図を煽ってから

自民 VS 希望 VS 立憲 という三角関係を演出

そうやっていつの間にか選挙戦の勢力関係と論点が仕立て上げられて

候補者も制限されてしまうわけです。

主権者である我々にとって、選択肢を勝手に制限されているということが

どれほどの侮辱的なことか理解している国民はどれほどいるでしょう…

果たして国民は本当に自民党候補者に投票したのでしょうか…?

前回の選挙でことごとく公約をひるがえした

あの大嘘つき連中を信頼して投票したのでしょうか…?

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

日本人のこの悪しき性質のおかげで

衆愚政治は加速していくようです。

開票率5%の時点で当選確実報道が流れる…

だれも開票率100%の結果を確かめて当選者が誰なのかを確認しない…

不正選挙が行われているなんて微塵も疑わないんでしょうねぇ

2017-10-03

政治家たちの醜さをとくと見よ

無責任で嘘つき男、安倍チョンの突然の衆議院解散を受けて

各政党、政治家たちが次の衆議院選挙に向けて慌ただしく動いているようです。

メディアでは連日、どの政党とどの政党が協力するだのしないだのと

また何の価値もないことを報道して大騒ぎしていますが

今回の衆議院選挙は、

それぞれの政治家の醜さがはっきりと露呈する選挙となるでしょう。

まず、嘘しかつかない親米ユダヤ自民党は

安倍チョンを筆頭に、政策や公約について声明を出すでもなく

野党の人々の動きの悪口を言うことしかできない無能っぷりを発揮しています。

まぁ、自民党がどのような公約を掲げて選挙戦に臨んだとしても

選挙が終われば公約は何もかも無視されるのですから

自民党の政策なんて相手にする価値がないわけですけど。

そんなユダヤ自民と手を組んでいるのが創価公明党。

創価学会のようなカルト宗教団体が政治団体を持っていて

しかも与党なんですから、世も末ってもんです。

おまけに最近は幸福実現党とかいう

また別のカルト宗教政治団体まで登場していますからね。

日本もひどい国になったものです。

また、今回の選挙ではあの尻軽、小池百合子がまた目立とうと必死なようです。

なんの中身も持っていないけれど、とりあえず「既存の体制をぶっこわす」

と叫んでいるだけの小池百合子は、本当は既存の利権を自分のものにしたいだけ。

「希望の党」とか、いかにもB層以下の庶民が喜びそうな政党名をつけて

千客万来、どうぞ私の老後に貢献してくださいな、とほくそ笑んでいることでしょう。

彼女が都知事になってから何をしたか…

政治を引っ掻き回しただけで結局何もしていないんじゃないですか?

権力者にすり寄って媚を売っていただけの女が、

ついに自分で権力を手に入れようとしても

そんなのは絵に描いた餅ってものですね。

さて、そんな小池百合子に近寄っていく政治家たちも、離れていく政治家たちも

結局のところ

「選挙で当選してまたガッポリ国民の血税を掠め取ってやろう」

という本音があるだけです。

今回はそういう政治家たちの醜い魂胆がよく透けて見えていますね。

そもそも政党政治自体もう終了なんじゃないかと思います。

政党なんて特定の組織・団体からの支援を受けて成立しているだけですから

今やすべての政党が烏合の衆でしかないわけです。

その証拠に、政治は未だに官僚の思惑通りに動いているわけですし

議員立法の少ないこと少ないこと。

それだけ政治というものを志して政治家になる人間がいないってことです。

いたとしても、不正選挙で当選できない仕組みになっているんでしょうけど。

そういう点では、与党 VS 大野党 みたいな

二大政党制に近づくことは非常に危険な動向であると思います。

今ですら立候補して選挙に出馬するには莫大な金が必要という

有権者にとっては選択肢をあらかじめ限定されているという理不尽な状況なのに

既得権益や政治団体などと一切のしがらみのない、

本当に高い志をもった人物が選挙に出馬しようとしても

マスゴミの情報操作と印象操作によって

「与党 VS 大野党」以外の場面は演出されないので

そんな候補者はメディアによって潰されていくのです(今までもそうでしたが)。

与党 VS 大野党という構図ではマッチポンプもやりたい放題でしょうし

主権者たる国民にとっては、どっちに転んでもハズレでしかない

という状況に追い込まれてしまうのです(現にアメリカがそうですよね)。

今回の選挙、自民党は完全にオワコン、

希望の党+αは最初から腐ったミカンの箱詰め状態

カルト宗教政治団体は存在が憲法違反

共産党は自民党の別同部隊

民進党は自然消滅

立憲民主党はキツイ冗談



ということで、このあたりからやっと

真面目に検討するに値するようになるんじゃないでしょうか?

2017-10-01

安倍政権の無責任解散

9月28日、安倍チョンが突然の「衆議院解散宣言」を行いました。

それまでまったくそんな素振りはなかったのに

まるで何か大きな力が働いたかのようです。

これによって、安倍チョンは

森友学園や加計学園の違法行為に加担していたという事実から

少なくとも国会では追求されなくなったわけです。

結局彼は、壊れたレコードのように「丁寧に説明する」を繰り返しただけで

なんの説明責任も果たしませんでしたね。

嘘つき、無責任、二枚舌は犯罪の始まりです。

創価検察も、この問題はトカゲのしっぽ切りで幕引きにしたいようで

安倍チョンに対してなんらかの捜査をする気はまったくないようですね。

所詮、検察なんてその程度の組織だということですかね。

さて、お友達を集めた馴れ合いの内閣や

仕事ができるアピールをしただけで仕事しない内閣を編成した

第二次安倍政権も終わりを迎えたわけですが

そんな無責任内閣の実績をおさらいしておきましょう。

・選挙公約をやぶってTPPに参加

・選挙公約をやぶって東北地方の復興を放置

・世界に向けて「福島(原発)は制御下にある」というすぐばれる嘘をつく

・国際公約をやぶって原発を再稼働

・世界中に金をばら撒いて人気取りをする一方で国民への保障や支援を放置

・公約をやぶって米軍への思いやり予算を増額

・なんの権限もないのに勝手に憲法を解釈

・なんの権限もないのに勝手に憲法を改正すると宣言

・なんら効果のない「アベノミクス」という経済政策に効果があったと主張

・GDPの算出方法をいじって都合のいい結果を捏造

・自衛隊を勝手に戦争に派遣させる安保法制を強行採決

・集団的自衛権の名のもとに日本を勝手に戦争できる国に変更

…などなど。

つまるところ安倍晋三およびその取り巻き内閣は

●選挙公約をまったく守らない

●国民の主権を無視して、持ってもいない権力を濫用

●一切の責任をとらない

●嘘しかつかない

そんな第二次安倍内閣でした。

ちなみに次期総選挙における自民党の選挙公約が

「前原民進党の公約のパクリでる」と、もうすでに揶揄されています。

また次の選挙でも嘘公約を並べ立てたり得票数操作をやるんでしょうねぇ。

政策の中身も、頭の中身もまったくない安倍自民党…

今でも自民党を喜んで支持しているのは中高年世代なのでしょうか

まぁあの世代は気が狂ってる世代ですからねぇ。

2017-09-06

第3次世界大戦はあるのか

北朝鮮の動きが活発なので

誰もが「戦争が起きてしまうのでは?」

と思ったりするかもしれません。

第三次世界大戦が起こる可能性は大いにあると思います。

なぜなら第三次世界大戦については

アメリカフリーメーソンのグランドマスター アルバート・パイクが

生前に名言しているからです。

もっとも彼の計画では第二次世界大戦の終結から50年以内に

極東を中心に第三次世界大戦を起こすというものでしたが。

しかしながら、残念な預言もあって、

今世紀には世界のいくつかの都市が核攻撃を受けることが

もはやシナリオ上、存在しているようです。

できれば賢明な人類としてそれを回避したいものですが…

しかし、なんだかんだといっても

ユダヤ・フリーメーソンが依然として金と権力を握っている昨今

彼らの計画を阻止するには多くの人類が正義と良心に目覚めねばなりません。

でも結局は金と暴力に屈しちゃうんでしょうね…

北朝鮮の動向について鍵を握っているのが

中国とロシアだそうです。

どっちもバリバリのユダヤ支配下共産国家じゃぁないですか。

それでは両国のトップが戦争をしぶっても

ユダヤ・フリーメーソンの指令で戦争が起こってしまいますわな。

それはもしかしたら安倍チョンの独裁政治のきっかけになるのかもしれません。

あんな役立たずに独裁なんてできるわけないですけど。
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR