2014-03-28

ついに開花した 浅田真央

基本的に敬称は省略してお送りしております。

先日のフィギュア世界選手権2014のショートプログラム(SP)

浅田真央がついに才能を完全開花させ、歴代最高得点の78.66

これ、オリンピックの買収審判が出した得点じゃないですよ。

キモヨナが買収工作で捏造した78.50を、ついに浅田真央の才能が上回って

完全勝利の78.66

これはすごい…

ソチオリンピックのSP後、ついに吹っ切れて自分の壁を超えた浅田真央。

ソチ五輪フリープログラムでの演技も完璧に近いものだったので

(この言い方はよくありませんが)あっちの演技とこっちの演技を足したら

女子フィギュア史上最高の選手がついに生まれたといえます。

これまで、カツラのアナウンサーに卑猥な視線で見つめられたり

イモヨナとかいう格下の選手に無駄にライバル視されたりと

無意味なストレスにさらされ続けていましたが、ついに羽ばたいたようです。

今の浅田真央はマリオでいうスター状態ですね

↓この動画ではヨーロッパのアナウンサーか解説員が話していますが

ttp://www.youtube.com/watch?v=8GRYo2L0HyI

「信じられない演技だ」「浅田が世界最高得点だ」

と言っているようです。

美の分野でも世界一の日本は本当に素晴らしい。
スポンサーサイト

2014-03-28

プーチン VS アシュケナージ?

世界茶番劇場こと国連総会で昨日

ロシアによるクリミア編入を承認しない決議が採択されました。

9割(?)が賛成した住民投票の結果を無視しての、「反対」です。

国連によるあからさまなクリミア住民の民主主義の否定

国連という組織がどういう組織だかよくわかりますね。

クリミアをプーチンに死守されて悔しくてしょうがないアシュケナージユダヤ人達が

涙目で顔真っ赤にして叫んでいます

「力強い賛成票こそがさらなる侵略行為の抑止につながります」

だそうです。

世界中の真っ当な人類が抑止したいのはユダヤ人の横暴なんですけど。

今のところ、プーチンは正気な人間とみなしてよさそうですね。

ま、世界の政治ショーは“マッチポンプ”がお約束なので最後まで油断できませんが。

2014-03-27

左脳派?右脳派?

「あなたは左脳派?右脳派?」

こんな質問、たまに出会います。

左脳派は「頭脳的で論理的で冷静に計算するのが得意なタイプ」



右脳派は「想像力豊かで感性が鋭く天才肌で芸術家タイプ」

とか

勝手に決めちゃってますが(“分類”とは得てして恣意的なものです)

性質の悪いのになるとあちらさんの勝手な物差しにこちらを当てはめて

親切にも分類しちゃってくれたりもします。

医学者として、本当にもうこういう嘘に付き合うきはさらさらありません。

右脳も左脳も、どっちも同じような機能をもち同じように働きますから。

上記のような右脳、左脳の特徴なんて

ほぼ意味のない差を根拠にしたいい加減な話ですよ。

というか、何かにつけてこの「二項対立」で考えてしまう人の脳は

右でも左でもなく、無に等しいと思います。

それでもあの小太りで天パの目が座ったおじさんの話を鵜呑みにするんですか?
(小生にはアンドレ・ザ・ジャイアントにしか見えませんが)

権威を盲目的に信じたければどうぞご自由に。

その先にあるのは人間牧場ですね。

私、ここで宣言いたします。

「俺は全脳派です」
失礼。

2014-03-26

くだらない妄想 ~伝言ゲーム~

とある伝言ゲーム…


アベノミクス



サゲノミクス



サギノミクス



サギミノガス



詐欺、見逃す

2014-03-25

気になってしまう 癌=感染症 説

癌の診断や治療の研究は日々続いていますけれども

「そもそも癌とは何か」

という問いについて、正確な答えは示されていません。

成書などでは癌の性質や特徴や発生母地やその誘因や遺伝子や…といろいろ書いてありますけれども

癌(悪性腫瘍)がいったい何のために、どうして存在しているのか

といった、癌自体の存在意義を明確に定義することができないのが現状です。

そこでふと気になってしまうのが「癌とは感染症である」という意見です。

考えてみますと

ヒトインフルエンザや豚インフルエンザ、鳥インフルエンザといったウイルスがケムトレイルで散布され続けていること

ポリオワクチンに混入されたHIVウィルスが様々な悪性腫瘍を引き起こすこと

など、ユダヤ直属アメリカ犬は感染症が大好きなようですし

不活化ワクチンが様々なウイルスに汚染されており、接種から数十年後に癌として発症するという意見もあります。

さらに

癌が真菌(Candida)によるものとして研究を続けているイタリアのシモンチーニ氏の存在や

1930年頃、ラジオ波による共鳴によって肺結核などの感染症を治癒させたアメリカの細菌学の医師

レイモンド・ロイヤル・ライフ博士が、癌の原因のウイルスを発見したとして末期癌患者を治癒させたものの

アメリカ医師会からの強い弾圧により事実上闇に葬られてしまったことなども考えると

癌が実は感染症で発生するという説もまんざら否定できないように思います。

ただ、HIVによる菌状息肉症や白血病は別として

ウイルス感染症の場合、多くはウイルスの存在場所の病変ができます。

たとえば帯状疱疹や水いぼ、乳頭腫など…

全身的なものはむしろ真菌や細菌感染症のようにも思えますが…

まぁ、感染源となる微生物の存在そのものが癌の原因となるか

あるいは微生物による刺激によって遺伝子の損傷が引き起こされて癌が発生するのか

可能性はどちらもありうるし

主流派の考えではないからこそ研究のしがいがあるのかもしれませんね。

結局は常識や主流派の考えを覆すような研究や発表をした人間によって科学は作られてきたのですから…

2014-03-25

イルミナティの影響はどうなってる?

MSNニュースより

「国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は23日、米国の支持なしでIMF改革や新興国の発言力強化のためにできることはあまりないとの見解を示した。」

正確には米国ではなくアシュケナージユダヤ人です。

まぁ、国連や関連組織のほとんどは新世界秩序(New World Order, NWO)のための機関なわけですから

このIMF理事の発言は、そういう目で見れば当然の発表なわけで

しかし、ウクライナ情勢でロシアがアメリカ・イスラエルよりも優勢な立ち回りを見せていたり

マイケル・ジャクソンが警告していた2012、2013年の人類殺戮計画も不発に終わり

また、ニューエイジ運動による2012年末でのアセンションも惑星ニビルによるポールシフトも起きず

ケムトレイルは激減、人工地震作戦もことごとく阻止できているかのように見える最近、

いったい、イルミナティ(およびその上位組織)の影響はどれほどなんでしょうか?

最近の日本の気象不安についても、mimic映像を見るとHARRPらしき電磁波の乱れは確認されています。

うーむなんか決定打がないですね。。。

いずれにしても、イルミな低および悪魔崇拝(宇宙人崇拝?)ユダヤ人が目論んでいるのは

第3次世界大戦(→核兵器乱射→人類壊滅→新世界秩序)なわけで

ウクライナ周辺の情勢も、マレーシア航空機の件も、日中韓・北朝鮮の不和も

すべては仕込まれた伏線であるという認識を忘れずに今日も一日きちんと生きていくことが大切でしょう。

2014-03-20

朝鮮総連のビル売却

東京都千代田区の「朝鮮総連」本部ビルが競売にかけられていましたが

最初に朝鮮坊主が持ってもいない金を払うといって落札しようとして失敗し

モンゴルのよくわからない企業が書類の問題で落札に失敗し

そしてなぜか香川の「マルナカ・ホールディングス」という

これまたよくわからない企業が落札したようです。

「なんで香川の、全国的に知名度もない企業が22億円も払って東京のビルが欲しいんだ?」と思い

さっそくネットで調べてみると網にかかりました。

↓参考ブログ
ttp://quasimoto.exblog.jp/21776448/

このブログを見ていただければ十分。

このauthorによればマルナカホールディングスはイオンの子会社

イオンは岡田克也の実家が経営する在日韓国企業であり

街の商店街を食いつぶして地域経済を破壊した張本人です。

上のブログではベンジャミン=フルフォードの話も紹介されていますが

このほかに「AEON」という名前はニューエイジ運動における「みずがめ座」を意味しており

韓国企業といえども後ろにユダヤの影が見え隠れしています。

また、上記ブログの内容に追加しておきますが

リチャードコシミズ氏によればオウム真理教こと創価学会が

北朝鮮経由で仕入れていた銃器がまだ日本に眠っているそうで

朝鮮総連にでもあるんでしょうねきっと。

まぁ、いずれにしても

朝鮮総連ビルから北朝鮮人が追い出されたところで

入居するのは韓国人かもしくは韓国人が成り済ました日本人でしょうから

状況はなんにも変ってない ということでしょうね。

2014-03-20

安倍、反日テレビ局に登場

明日、フジテレビの昼の番組「笑っていいとも」という生放送のバラエティ番組に

安倍内閣総理大臣がゲスト出演することが決まりました。

国家主席という立場にある人間が

反日捏造番組を放送しまくっているTV局の番組に出演するとか

国民を舐め腐っているとしか言えないです。

アホノミクス と揶揄されている何の効果ももたらさない経済政策を実施して

国民年金の資金を日経平均の株価操作に無駄に投入して浪費し

「景気は回復しています!」とバカの一つ覚えのように叫んでいるだけで
(アホノミクスならアホの一つ覚えですかね)

自分の名前(日本名)もまともに漢字で書けないし、

人並みに日本語もしゃべることもできないとか、

不正選挙で国家主席になったとしても、国家主席としてあるまじき態度だと思います。

あ、「河野談話は見直さない」とか宣言したものだから

ご褒美にタモさんストラップをもらうために出演するんでしょうか?

良識と良心を兼ね備えた日本国民の皆様ならいまどきTVとか観ないのでしょうが

奴隷愚民の皆様は“ウキウキウォッチング”するんでしょうね。
(そしてまた洗脳されるんでしょう)

日本人のみなさん、CIA(ユダヤ人)に完全にバカにされてますよ?

あ、そういえば

先日、愚妻が観ていたTV番組に坂上忍が出演していて、姪っ子に久しぶりに会うという企画だったんですが

姪っ子姉妹の姉が素晴らしい発言をしていました。

「TVで坂上忍さんの活躍をみてどう思いますか?」的な質問に

「私、国会中継しか観ないからわからない」と答えてました。



日本の未来はまだ捨てたもんじゃない。

2014-03-20

宣伝

そのうち記事にしようと思っていてなかなか書かずにいたのですが

「自然栽培法」という農業の方法があります。

開発?したのは木村秋則氏。

不可能と言われていた無農薬・無肥料のリンゴの栽培に成功し「奇跡のリンゴ」と注目されています。

彼の自然栽培方法には個人的に賛成しており、これまでに講演会に足を運んだこともあります。

そんな木村氏の講演会が東京であります。


特別講演 木村秋則氏 × 杉山修一氏 「世界に広がる自然栽培の科学と実践」

日時:2014年4月12日(土) 12:45~16:00

場所:世田谷区民会館ホール

入場料:2000円

ローソンチケットで Lコード39643

ちなみに菅原文太氏が参加するパネルディスカッションもあります。

まだ席に余裕があるようです。

いい機会だと思いますので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

2014-03-18

触れておかずにはいられないSTAP細胞

同じ医学研究に携わる者として

リスクを承知で触れておかねばならないと思うので記事にした。

STAP細胞論文をめぐる騒動は不自然です。

まず、超一流の保守誌である「Nature」に発表されたわけですが

発表に至るまでには専門家による厳しい査読と
(査読者や編集者からの質問やデータ開示の要求に応える必要もあります)

論文の盗用やPCによる画像処理を見抜くソフトウェアで厳重にチェックされているはずです。

たとえば小生がデータをねつ造して画像を用意しても、あっさりと見抜かれて棄却されてしまいます。

今回盗用と騒がれている部分は引用文献と実験手順・材料の部分です。

「盗用」という言葉で騒ぐような部分ではないはずです。

たとえば3分クッキングで見たレシピをそのままブログに記載したら「盗用」なんでしょうか?

同じ材料・機材、手順で実験したら同じ文章になって当然なんですけれども。

ふつうはDiscussion(考察)の部分での断りのない引用が「盗用」となるはず…

「盗用」で騒ぐマスゴミはやっぱりゴミだと思うけれども

それよりも今回の騒動には「STAP細胞」の存在が不都合な人々の影響を疑ってしまいます。

iPS細胞で一儲け考えていた企業や、STAP細胞に劣る研究を推進していた研究機関…

「実験の再現性が確認できなかった」という研究者も調査が必要で、

この手の話は、要するに失敗するまで実験をあれこれ繰り返して

失敗したら鬼の首をとったように騒げばいいわけです。

かつてホメオパシー分野の非常に素晴らしい研究成果がこの手法で否定的に結論づけられたこともあります。

若くして優秀すぎた日本人研究者に対する悪意が漂っているように思います。。。

まぁ、きちんと調査してないんでこれもまた憶測の域を出ないのですが…
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR