2014-08-29

水瓶座の陰謀(2)

「水瓶座の陰謀」それ自体は

スタンフォード研究所(SRI)に割り当てられた政府の機密プロジェクトでした。

作ったのはもちろんタヴィストック研究所で

その目的は

「多様な価値観が存在する既存の社会に影響を与え、変革するため」

でした。

といっても、「水瓶座の陰謀」という計画があったわけではなく

公にはされなかった「Changing Image of Man」という政策報告書から

派生したものであるそうです。

既存の社会を変革し目指すところとはどこかというと

それはオルダス・ハクスリーの目指す「すばらしい新世界」であり

「苦痛を伴わない独裁主義」の人々が

「自分たちの隷属状態を喜ぶ」警察国家であります。

目標が「自由がなくても…薬物により強化された…宣伝や洗脳により気を散らされて

どんな願望も反抗も持たない痛みのない一種の収容所」を作ることであるそうです。

スタンフォード大学の研究の目的は

人類の願望を産業の進歩から「精神主義」へと変えることであって、

SRIの報告書によれば「現代社会が抱える問題の本質を分析すれば…

この二世紀にわたり支配的であった人間のイメージは、ポスト産業化時代には

不適切になる」とのことです。

それで、新たな人間イメージを形成するために様々な要素が利用されたわけですが

いくつか例を挙げると

政治プロセルにおける若者の関与、女性解放運動、ビジネスの社会的責任への関心、

異なるライフスタイルとしてのコミューンの発生、保守主義/環境保全運動の発生、

盗用の宗教的、哲学的視点への高まる関心、瞑想ほか精神鍛錬への高まる関心…など

まぁまさに現代社会で見られるものばかりなわけです。

それで、こうした手法によってアメリカ国民は

「抵抗を弱められた」状態となってしまうのですが

そうなるとここで、麻薬導入にうってつけな社会背景が出来上がるといいます。

こうして気づかぬうちに、しかし確実に

寡頭支配による独裁警察国家へと仕向けられていきます。

これは1954年のビルダーバーグ会議発会時に公式の見解として討論されたことでもあります。

そして人類を隷属化するあからさまな戦術手段を描写する表現として

「静かな戦争(第三次世界大戦)」という言葉が使われました。

そう考えると、第三次世界大戦はもうすでに始まっているわけで

軍産複合体が中東で画策している、戦闘行為による戦争というのは

ただの囮なのかもしれませんね。

(パート3へ続く)
スポンサーサイト

2014-08-29

袴田さんが肺炎で緊急入院

ほぼ冤罪確定の袴田巌さん(78)が

自宅で倒れて肺炎で入院だそうです。

翌日に検査したところ、白血球が減少して高度の肺炎と診断されたようです。

肺炎で白血球が減少してるって…

敗血症では…?

これ、袴田さん国家権力に殺されるんじゃね?

と、ふと思ってしまいました…

まぁ、どこのどんな病院に入院したか次第ですね。。。

2014-08-28

水瓶座の陰謀(1)

今回も「タヴィストック研究所の謎」から。

1980年の春、マリリン・ファーガソン著「水瓶座の陰謀」

占星術によれば黄道十二星座と地球との位置関係から

各星座に対応した地球上の時代というものが規定されるそうです。

紀元前200年頃から最近までの約2160年間は魚座の時代であり

イエス・キリストの時代であったそうです。

魚座の時代がまさに次の星座の時代…

水瓶座の時代へと移行したのが現在であり

これこそが“ニューエイジ(新時代)”なのです。

世界の寡頭支配を目論む自称世界エリートおよびユダ金達は

イルミナティに代表されるように悪魔崇拝の儀式や占星術を大いに活用しており

当然、この水瓶座の陰謀というのも彼らの仕掛けた政策なのです。

この「水瓶座の陰謀」はチームワークを呼びかけた最初の一般出版物でした。

チームワークというと、私たちの生活の様々な場面で取り入れられている

集団や企業の運営方法だと思いますが
(医療においては多職種からなるチーム医療が声高に叫ばれています)

もともとはタヴィストック研究所が導入したテクニックであり

「仲間の圧力を使って傑出した個人をコントロールする方法」なのであります。

例えば、現在世界最高峰のサッカープレーヤーの一人、ライオネル・メッシですが

彼は傑出しすぎた能力とは裏腹にレアルマドリードのユースチームで

徹底的に組織サッカーを仕込まれた人物でもあります。

もし彼がネイマールのようなサッカー人生を送っていた場合、果たしてどうなっていたか…

それはさておき、チームワークはタヴィストック総帥による

グループセラピーの分野で行った実験の一部であり

長くなりますが詳述部分を転載いたします

-------------------------(以下転載)---------------------------------

「腕のよいグループリーダーはそのグループ内に強い影響力をもつ“家族”環境を作りだす。

この環境が導入されると、セラピストはグループのメンバーを操ることができる。

直接攻撃ではなく、他のメンバーからの提案を通して巧妙に操作するのだ。

犠牲者がそのグループを温かい、助けになるものだとみなすようになったあと、

その環境が彼に敵対するように操作すれば、犠牲者は母親に拒絶されたような

深いショックを受ける。さらに、もしも犠牲者がセラピストの一連の小細工に

ぼんやりとしか気づいていなければ、結果を内に向け、冷たくされる責任は

自分自身にあると考えがちである。」

「もしもコントローラーがストレスを感じている個人、あるいはグループの状況を

適切に作りだすことに成功すれば、犠牲者のなかに特別な“反動形成”を作り出せる。

そしてそれを通じて“民主的”に独裁者が強制したがっている通りの姿勢と決断に到達する」

----------------------------(転載終了)----------------------------------

「水瓶座の陰謀」は100万部以上のベストセラーとなり、10カ国語に翻訳され、

「反体制文化のマニュフェスト」となりました。

反体制文化自体も

「確認しにくい、静かな武器テクノロジーを使って社会をコントロールする方法」として作られ

「合衆国が科学的、技術的な進歩に傾いている情熱を消耗させるために使われた」

賢く隠された上意下達方式の陰謀でした。

(パート2へ続く)

2014-08-28

お盆で帰省したとき

小生は今年新盆でしたので

8月の月遅れ盆に実家に帰省して法事に参加してまいりました。

小生の地元は本当にド田舎なので

夜9時くらいになると疎らな街灯と人家からこぼれるわずかな灯りしかありません。

そんな田舎に帰省すると、馴染みの店で地酒を堪能しながら夕飯を済ませ

帰ってガスで沸かした風呂を浴びて早々に寝てしまうのですが、

普段の生活リズムのせいでいつも真夜中に目が覚めてしまいます。

時刻は草木も眠る丑三つ時…

と言いますが8月のお盆にもなると夜中は秋の気配が漂います。

真っ暗な闇に包まれた辺りには鈴虫やコオロギの奏でる音が響き渡ります。

か細く寂しげなようでしっかりと自己主張する音の共鳴…

聴覚に身を任せて表に出てみると

月明かりに照らされた闇の中に溢れる生命の存在を実感できます。

そして今まさに自分の心と身体すべての波長が

彼らの奏でる音と共鳴しているのがわかります。

これぞ美しき音楽であり、これぞ癒しであると感じました。

地球上に如何に不調和でうるさいだけの音が溢れていることか…

何万年も続く彼らの音楽活動の前では

人類の生み出した音楽産業など真実の欠片もない偽物です。

こういう事は実感して理解するしかないですね。

2014-08-28

量産型イスラム国(笑)

いつの間にかアフリカにも「イスラム国」が建国されていました(笑)

アフリカ大陸といえばエジプトが最大のイスラム国家でしたけど

いつの間にかエジプトを差し置いて「イスラム国」が建国されたようです(笑)

マスゴミのプロパガンダをシカトしている小生にとっては

そもそもイスラム国の存在自体気づいていませんでしたけど

まぁでもそんなこと知らなくても誰が何を考えているのかは

分かるような気がしますね。。。

CIAの工作員がイスラム過激派を名乗って中東で虐殺行為をする
(武器はもちろんアメリカ製)

マスゴミが「中東の不和」を報道して煽る

オバマ大統領が過剰に反応する(笑)

CIAの工作員が「イスラム国」宣言をする

オバマ大統領が過剰に反応する(笑)

第三次世界大戦へ

という見え見えの自作自演劇でしょう。

もういい加減、馬鹿すぎて呆れてしまいますね。

2014-08-25

地元の警察がクソな件

警察や公安という組織およびそこの職員が

もはや人間ではなく寄生虫レベルの生き物へと堕落しているなんて

別に今に始まった話ではありません。

所詮は剣道や柔道ばかりでろくに勉強しなかったくせに

一般庶民よりも高級をとれて安泰な職業に就こうという発想か

他に取り柄がなくただひたすら勉強していただけのくせに

国家権力を手に入れたいという発想の人物が志すのが警察や検察

という組織です。

公安なんてもっとひどい。

特定の政治勢力や宗教団体の犬に成り下がって

一般庶民に暴力をふるってお駄賃をもらうのが生活ですから。

まぁ、どちらも巷にあふれるB層の皆様のさらに縁の下に巣食う存在です。

こんなこと今さら小生が記事にしなくとも

賢明な皆様はご存知のことですけれども

小生の地元の警察がやらかしてくれたので

ご報告という意味で記事にいたします。

ただしあまり具体的に事件が特定されてはいけませんので

核心に触れるのみといたします。

さて、その事件の概要は以下のようです。

その筋の人物とトラブルを抱えていたある組合がありました。

トラブルといっても、その筋お得意の難癖やいちゃもんをつけられただけですが

それで、代表の男性がある夜、話し合いのために一人で出かけていったのですが

翌日、左側腹部を刃物で刺され死亡しておりました。

これまでの経緯と事情を知っている地元住民は

誰一人疑うことなく“殺人事件”と考えていたのですが

小生の地元警察は…



自殺 と断定。




は?

自分で自分の左側腹部をやや後方から刃物で刺して自殺する人間なんて聞いた事ないわ。

精神医学的にそんな自殺のパターンありえないです。

地元住民はみんな知っています。

トラブルとなっていた相手が関西の暴力団関係者であることを。

関西の暴力団といえば大半が在日朝鮮人や帰化日本人…

さすが、日本で一番暴力団と仲がいいとされる警察組織。

あっさりと、速攻で、誰の目にも明らかなように

事件をもみ消しました。

やれやれ

千葉県警はすでに腐敗しているようです。

2014-08-25

イスラム国ってどこだよ と

近ごろ、解任寸前と噂されているアメリカのオバマ大統領が

「イスラム国の蛮行は絶対許さん!」

と必死に叫んでいますが…

そもそも「イスラム国」ってどこだよ(笑)

国内の最大宗教がイスラム教の国全部ですか?(笑)

そんなに第三次世界大戦を始めたいんですか?(笑)

いやいや、21世紀の地球人に戦争をしたい/すべきと思っている人間なんていないでしょう

戦争したいのは軍産複合体と多国籍企業のユダヤ人だけじゃないか(笑)

確かに、ユーラシア大陸でもっとも信徒が多いのがイスラム教で

ユダヤ人の大好きなハザール帝国とか、中央アジアを占拠しているのはイスラム教だから

イスラム教国家一つが戦争状態になれば世界中のイスラム教徒が戦争に参加することになるけど

だからって「イスラム国家」って(笑)

十把一からげとはこのことだわ

冗談きつすぎて逆に笑えないです。

オバマさん、ついに傀儡のお役目終了ですね。

2014-08-19

エボラ出血熱がなぜ広まっている?

エボラ出血熱の感染拡大に関するニュースが連日報道されています。

この出来事の真相がいかなるものかは分かりませんが

感染してしまった場合、命は保証されないのが現状です。

ネットで情報を探していたところ、あることを知りました。

富士フィルム社が開発し、日本ではインフルエンザ治療薬として承認されている

T705(ファビピラビル)という薬が

マウスレベルの動物実験でエボラ出血熱に対する治療効果を示したというのです。

その情報ソースによれば

エボラ出血熱に感染させたマウスを

T705を投与する群と投与しない群に分けて経時的な観察をしたそうです。

結果、T705を投与されたマウスは全個体が回復し

一方で投与されなかったマウスは全個体がエボラ出血熱により死亡したそうです。

されこれが本当ならば

日本ではエボラ出血熱に対する明るい見通しが立ちそうな予感ですが

世界の感染症とその治療は、大手製薬会社や保健機関の利権が渦巻く領域でもあります。

ここで注意しておきたいことは

予防接種に関して世界中で健康被害の調査・報告がされていることです。

まずご承知おきいただきたいのは

西アフリカで子供の予防接種が導入された地域と

HIVが発生した地域がほぼ一致しているという事です。

エイズウイルスは人為的に流布されたか、あるいは事故で広がったかのどちらかです…

子宮頸がんワクチンでも副作用が頻発しましたね。

子宮頸がんワクチンのせいで不妊症になるという…

まぁそういう狙いだったんだろうなと思います。

生ワクチン内が様々なウイルスによって汚染されており

これらが数十年をかけて癌を発生させるとも言われています。

また、ワクチンに混入している水銀について

この水銀のせいで自閉症や発達障害になるとも言われています。

これらの情報の多くには、エビデンスとして有力な物は少ないのかもしれません。

しかし、体制派にとって不利な科学的証拠というのは

いつの世も日の目を見ることなく闇に葬られていくものです…


なぜ予防接種の話になったかというと

そのうち

「インフルエンザの治療薬が効くならインフルエンザの予防接種も効く!」

という嘘が発生するのではないかと懸念しているからです。

インフルエンザの予防接種が、受けるに値しない有毒なものであることは

賢明な皆様ならすでにお気づきのはずですが

そのインフルエンザ予防接種を使って今後そういう作戦が実行されないか気になります…

まぁ、エボラ出血熱騒ぎ自体

また自作自演の工作なんでしょうけど。

2014-08-15

終戦記念日です

本日は終戦記念日ですね。

明治から昭和にかけて、日本という国のために尽力された皆様

特に戦争に赴かれた英霊の皆様には

今日のわれわれの生活の礎を作っていただいたことに対する

感謝の念で恐れ多くて頭を上げることもできません。

皆様に未来を託された我々、現代の日本人の有り様は

皆様の目にどう写っているでしょうか?

嘆かれておられるのでしょうか?

誇らしく思っておられるのでしょうか?

皆様のご期待に応えられているのでしょうか…

アメリカおよびその背後にいる支配層によって奴隷化された現代日本人の中にも

真実を見据え、真実とともに歩んでいる人々がおります。

振り返れば、人種差別撤廃条約を承認しなかった国際連盟…

日本が戦争に参加せざるを得ないように仕向けたアメリカ…

日本軍に攻撃されるとわかっていて気づいてないフリをした真珠湾…

国際法に違反する行為である東京大空襲などの非戦闘員への攻撃…

国際法違反のみならず、人の道からもはずれた原子爆弾の使用…

さんざん反則行為をしてメチャクチャにした後に勝利宣言するアメリカの姿は

昔も今も変わらないですね。

それがアシュケナージユダヤ根性なんでしょう。

そんなに十支族が羨ましいんでしょうか?

東京裁判という八百長裁判では

アメリカの工作員は全員見逃し

日本のために尽力し、ユダヤに抵抗した人物ばかりを戦犯認定しましたね。

戦犯はユダヤの皆様でしょう。

ルーズベルトもヒトラーもスターリンもみんな裏で繋がっているじゃないですか。

そこに日本海軍が一枚噛んだんでしょうね。

リチャード・コシミズが根こそぎ暴いてくれるでしょう。

日航空機墜落事件だって

もう航空事故じゃない、れっきとした戦争行為だったことが

明らかになりつつあります。

それをひた隠しにする犬HKはじめ大手マスゴミ…

そんなんで巻き込まれて殺された方々にご冥福が訪れるわけないでしょう。

オウム真理教のテロ事件ですか?

統一教会と創価学会がまた他人名義で事件を起こしただけですね。

ほんと、警察官になったり、JRの駅員になったり、自衛官になったり…

堂々と自分の正体を明かせないなんて、後ろめたい哀れな人たちです。



帝国主義という世界支配計画が、

真のユダヤ十支族の末裔である日本人に阻止された偽ユダヤ…

戦後、帝国主義とは違う形で世界を支配させようとしてきました。

あるときは金融という詐欺システムで…

知ってますか?

一般庶民が内部情報を知るとインサイダー取引で犯罪になるのに

フリーメーソンの会員になるとインサイダー取引のやり取りで相場を動かすんですよ?

株価を上げるのも下げるのも計画通りなんですよ?

またあるときは宗教の解放という形で

伝統的な価値観やモラルを破壊し、セックスとドラッグを蔓延させました。

音楽産業、映画産業、マンガ、アニメ…

マイケル・ジャクソンが告発していたことを知っていますか?

クレヨンしんちゃんの作者が「人類家畜化計画」を映画にしようとしていた

という話は本当ですか?

ジョンレノンが殺された理由はなんですか?

“科学的根拠に基づく”と謳う西洋医学だって、統計学のお遊びでしかありません。

金にならない、不健康にできない、人間本来の力に目覚めてしまう伝統医学を破壊し

利用すればするほど貴方の健康をやんわりと損ない続ける西洋医学…

政治はもはやサーカスのショーと同じです。

安倍晋三とはそういう名前の猿でしかありません。

彼は猿業師に操られて芸をする猿なのです。

民主党が反日?共産党が反日?

いいえ、日本の政党はすべて日本を破壊するための反日政党じゃないですか。

政治家の声を真に受けてはいけません。

誰一人、真実を語る人はいないのですから。

想像してみてください。

真に貧富の差がないとはどういうことでしょうか?

有り余る物資に満たされた社会なのでしょうか?

何でも手に入れることができ、どこへでも行けることでしょうか?

いいえ、果てのない欲望と渇望から解放され、

必要なものはすでに持っていることに気づくことです。

想像してみてください。

世界中の人が平和に暮らすとはどのようなものでしょうか?

世界中が一つの宗教や思想の下に統一されることでしょうか?

憎しみ合いつつも互いの暴力の大きさを恐れてにらみ合うことでしょうか?

あるはずのない境界で互いを区切って管理することでしょうか?

いいえ、すべての人が個々の意志と価値観を理解し、受け入れ、尊重し

互いに侵害することのないよう配慮できる社会です。

想像してみてください。

幸せに満ちた人生とはいかなるものでしょうか?

有り余るお金を手に入れることでしょうか?

自分が望むすべての人から、自分が期待する通りに愛されることでしょうか?

あるいは神の祝福を受けることでしょうか?

いいえ、幸福とは自らの生命の真実に気づき、

あなたの心の中に眠る光を解放し、この宇宙すべてを肯定できることです。

貴方の外に神がいるのではありません。

貴方の外に天国と地獄があるのではありません。

あなたの世界の主はあなたであり

あなたこそがあなたの人生すべてを作る神そのものなのです。

小生の書いていることはオカシイことでしょうか?

いいえ、世界中に真実に気づき始めている人々がいます。

栄光と繁栄へ続く道はいばらの道でしょうか?

いいえ、それは誤った思い込みに過ぎません。

それは他者から植え付けられた、あなたの力を削ぐ呪いです。

神に祝福された道には喜びと希望が敷き詰められています。

3%です。

たった3%の人が真実に目覚めれば、この世界すべてを変えることができます。

そのときこそ、人類の真の栄光と繁栄という地球の新しい時代が始まるでしょう。


(ご注意)
小生は新興宗教をはじめとした特定の宗教に加入しておりませんし、政治活動や啓蒙活動などの運動に参加したこともありません。また、上記内容には小生がこれまでの人生で感銘を受けた様々な媒体によって形成された情報が混在しております。気づかぬうちにコピーしていることもあるかもしれませんが、悪用・利益誘導の意図などは全くございませんので、暖かい目で見守り、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2014-08-14

もっとも重要な洗脳工作

月遅れの盆に入り、時折吹く風は秋の気配となりました。

相変わらずのタヴィストック研究所ネタで申し訳ありませんが

重要なことは伝えておかずにいられません。

本日も長文となりますが、どうぞお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

映画、音楽、マスコミ、宗教、自作自演テロ…

数多ある洗脳工作の中で、

もっとも重要でもっとも効果的なものはなんでしょうか?

それは教育です。

タヴィストック研究所は心理学や神経学、社会工学が中心的な分野ですが

そのタヴィストック研究所が確信をもって宣言していたことが

教育の重要性 です。

これは特に10歳以下の子供にとって重要であります。

なぜなら10歳までの期間に、子供は精神的にも肉体的にも急激に成長し

そして様々なトラウマや思い込みが形成されていく時期だからです。

したがってその期間中に、気づかれないように邪悪な無意識を形成させたり

特定の思考パターンを植え付けることができれば

それはこの上ない洗脳そのものとなります。

身近な具体例が大韓民国の庶民の皆様です。

彼らのことを火病、基地外と罵るのは結構ですが

一般庶民である彼らが反日感情を抱いているのは、何より教育の賜物です。

そうすることが韓国政府とアメリカ政府の狙いなのです。

なので彼らは洗脳された哀れな国民ですので

彼らのことを罵ろうと蔑もうとそれはお門違いなのです。

まぁ、一線をひいてのお付き合いをお願いしたい気持ちは変わりませんが。

さて、脇に逸れました。

では子供を洗脳するにあたって、どのような工作が行われているのでしょうか。

まずはディズニーを筆頭とした「アニメーション」です。

ディズニーの邪悪さは別記事にいたします。

アニメの恐ろしさは「この世界に対する基本的な価値観の植え付け」です。

金持ちであることが裕福さの条件

暴力(争い)による問題解決

人間と獣の境界の喪失(=人間性の喪失)

型どおりの美男美女のラブストーリー

魔法による願望の実現

これらに加えてディズニーの場合は

SEXへの貞操の喪失 が加わります。

次に「現代音楽産業」です。

不調和で不自然な周波数、リズム、不協和音などは

脳波への直接的な侵害のみならず

おそらくは細胞および素粒子レベルでの

人体への異常な干渉を引き起こしているはずです。

そこに逆再生メッセージによる潜在意識への刷り込みが加われば

感情の不安定さと異常な思考と行動のパターンをもつ人格が形成されるでしょう。

こういったことを適切に理解していないのか

あるいはわかっていて確信的にやっているのか分かりませんが

幼児レベルからの早期教育を声高に叫ぶ人々がいます。

たしかに幼いころから音楽に触れさせておけば、

絶対音感が身について音楽においては凡人と一線を画すことができるでしょう。

しかしそれは是でしょうか。

絶対音感の持ち主は、この世界が音で形成された世界であると無意識に認識しています。

しかし、この世界は音だけの世界ではありませんし、

巷にあふれる音は聞くに堪えない不調和で不快な音楽を奏でています。

そんな世界であると思い込んで生きていくことが本当に良いことなのでしょうか…

また、幼児に英語を話させたり、漢文を読ませたりする教育者もいますが

子供たちにとって母国語とはどういうものでしょうか?

ヒーリングで無意識に働きかける場合、母国語で語りかけることが重要となります。

また、言語とはそれを産み、培ってきた文化そのものでもあります。

言葉のもつエネルギー、言霊もまた、一つの言語であるからこそ完結します。

それが混在となった場合、言葉本来の力を使いこなせるのか…

はなはだ疑問です。

洗脳とは少し主旨がずれますが、「食事」もまた重要です。

特に重要なのは化学薬品漬けにすることと

特定の食品に依存させることです。

主に砂糖です。

子供が騒いで暴れて言う事聞かないからといって

お菓子やジュースを安易に与えていませんか?

ショ糖はブドウ糖よりも速攻で血糖値を上昇させるので

そのような血糖コントロールに慣れ親しんでしまうと

「なるべく変動の少なく安定した血糖値を保って生きていく機構」が破たんします。

その結果、子供には易怒性や自己中心性、ストレスへの抵抗性の減弱という変化が生じ

まさに砂糖漬けの人間ができあがります。

近年、精白小麦と精白砂糖が様々なアレルギー疾患や慢性疾患と関連することが

指摘されています。

言わずもがな人間には適切な栄養バランスというものがあります。

ただしそれらは炭水化物やタンパク質…と

単純な栄養素でしか表現されていません。

しかし、食事とはそういうものではありません。

他の命を奪って、自らの身体に取り込む過程…

それは動植物一切関係なく、相手のもつ固有のエネルギーを受け入れることです。

ならばその食材がどのように生産され、どのように加工されてきたか

そういうことを認識することこそが食事のすべてです。

そこを通り越して目の前の食糧の味や見た目に意識を向けさせる…

そうして人は本来の生き方を失い、健康を失うのです。

だからTVでグルメ番組が多いのです。

さて、10歳を過ぎたら教育はもう役立たずでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

そこから先は間違った知識の刷り込みと権威主義への服従という目的があります。

前者はおわかりでしょう。

歴史にせよ、自然科学にせよ、支配者層にとって知られたくないことを誤魔化し

誤った世界観をより強固なものに仕立て上げていくのです。

そこで重要なのが権威主義という支配形態です。

日本の教育はまさにこれです。

小生は受験勉強をくぐり抜けて医者になりましたけれども

たしかにあのエネルギーに満ち溢れた時期に

自分の脳を最大限に鍛えることは重要だと考えています。

しかし、日本における進学制度と教育システムの恐ろしさは

他のなんでもなく権威主義ての隷属です。

学問の世界はそういう世界なんです。

個人が真理を追求することは賞賛されず

権威による、権威への盲従を強要され、

もはや自分の脳を自分でフル活用することは禁じられていくのです。

その雛型というか、基礎となるのが

有名進学校という存在です。

進学校の生徒は、勉強のノウハウを知らないうちに身に着けます。

そして彼らは与えられたものを、言われるがままにこなすだけで

世間から一流と言われる大学に進学することができるようになり

ご褒美として家族や世間から褒めちぎられるのです。

しかし彼らは自分で自分の脳を使う方法を知りません。

なので大学へ行っても能動的に学問をすることができず

社会に出ても誰かからの指示がなければ動けない人間となってしまいます。

大学生がなぜ勉強しないのか

世間にマニュアルが氾濫する理由はなんなのか

こういった事象の背景こそ、教育を通じた洗脳と支配なのです。

自発性、能動性、自律性の喪失…

そして権威への盲従、隷属…

これこそ、人間を人間の地位から陥落させ

彼らの目論見通りに支配・操作するための基本中の基本です。

だから…

役所の役人が使えないのです。

医者が無能なのです。

警察官や自衛官が主権者である国民を守らないのです。

そして狂騒と騒乱の果てに何も生み出すことのない無意味な人生が幕を閉じるのです。
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR