2015-03-31

群馬から千葉へ

群馬大学医学部附属病院での

腹腔鏡下肝切除手術の治療成績が悪い事が

CIA配下の読売に報道されて大騒ぎとなっていましたが

今度は千葉がんセンターでも

腹腔鏡下肝切除手術の治療成績が悪いとのことで

マスゴミが騒ぎ始めているようです。

千葉がんセンターの場合には

その道の第一人者だったようですけれども。

問題点はいろいろあるのでしょうけれども

そもそも肝臓の手術自体がハイリスクであって

ハイリスクを理由に手術を受けるという選択肢を

与えられない患者が多いということは忘れてはなりません。

まぁもちろん、リスクを十分鑑みたうえで手術の適否を判断するしかないのですが

しかし、その道の第一人者のような人物が

リスクを承知で開拓していかなければ

医学は進歩しないわけです。

それをやめろという声が高まれば

あとはユダヤの製薬会社の思うがままに

意味があるんだかないんだかわからない薬を投薬されて

ほどよく苦しんだ後に死ぬということになるのです。

副作用が強くても「仕方ない」

薬が効かなくても「仕方ない」

「ほかに手の打ちようがない」

これで納得できる皆様はどうぞそうなさってくださいとしか言えません。

それで、勇敢にも命をかけて手術を受けた患者がいて

運を味方につけて手術を成し遂げた外科医がいて

すべてが上手くいくとそれが評判となって

何も知らない、何も考えていない、責任をとる気もない

そんな患者団体がそこへやってくるわけですが

結果が思わしくないと彼らは「医療事故だ」と騒ぐのです。
(もちろん全員がそうだとは言いません)

そこにつけ込んで荒稼ぎを狙う弁護士がいて

裏に宗教団体が控えている患者集団も集まってきて

悪意を持ったマスゴミが火に油を注いで

近ごろよく見る光景が出来上がるのです。

手術を受けるということ自体がとても大きなリスクを伴うものです。

しかし、多くの疾患や外傷に対して

手術以上に成績の良い治療手段がないのも事実です。

放射線で治るならそうすればいいし

薬で治るならそうすればいい。

われわれ外科医は趣味や娯楽で手術をしているのではありませんし

外科医の地位や権力が比較的大きかったのは

他に有効な手段もなく、診断から看取りまで

すべてを担って(背負わされて)きたからです。

千葉がんセンターの件の詳細はわかりませんけれども

もしもこちらも読売本部が主導しているのならば

世界一治療成績が良い日本の外科医療に対する攻撃とも考えられます。

その目的は、日本の皆保険制度を破壊してアメリカ同様にし

貧富の差に乗じてたくさんの治験を行い

国家の財政を破壊すると同時に余計な人口を削減することでしょう。
スポンサーサイト

2015-03-30

古いもん同士の仲間割れか

先週末のテロ朝のサーカス番組「報道ステーション」において

元プロレス実況アナの古館一郎と

元売国奴財務省官僚の古賀茂明が

番組の人事異動に関してやりあったことが話題となっているようです。

小生は基本的にテレビを見ないので

YouTubeに投稿されていた動画で知りました。

他の多くのブログや掲示板で指摘されている通り

古賀茂明氏はTPP推進論者であります。

財務省という、日本でもっともイルミナティに魂を売っている省庁出身で

しかもTPP推進論者であるということは

やっぱりあちら様の工作員なんじゃないかと勘繰ってしまいます。

仮にそうでなかったとしたら

官僚時代に知った(誤)情報などをもとに好き勝手に発現しているだけ

ということになりましょうか。

おそらく、日本の官僚のトップでさえも

イルミナティの本当の目的や計画は知らされないことでしょう。

まぁ当然、安倍晋三(およびその周辺)も

イルミナティの本当の台本など知らないのでしょうから

元、仲間の裏切者をせっせと叩こうとして古賀氏に圧力をかけている…

というところでしょうか。

まぁそもそもテレビ番組など

国民を騙しておくためのサーカスのショーの一つでしかないので

今回の番組を観ても

最初から分かっている人は別になんとも思わないでしょうし

B層はいつも通り真相に近づくことなく、目先の痴話喧嘩に

野次馬根性を刺激されていつまでも食らいついていくことでしょう。

そういう意味では

古賀茂明氏の今回の行動は

テレビ局を敵に回し、いかにも勇敢な行動をとったように見せて

自身への求心力の増加と

それによる大衆の意見の誘導(=TPP推進)を狙ったものだとも

考える余地があるように思えます。

まぁ、真相がどうこうというよりも

我々自身が、歴史や政治経済について正しい知識を身に着けて

自身の頭で考えて地球の将来のことを考えて行動すべきであることに

何も変わりないのですけれども。

2015-03-28

リン・マクダガード著「ゼロ・ポイント・フィールド」において

REG装置というものが紹介されています。

これは、1秒に1回とか10回とか、乱数表に基づくランダムな確率で

右や左に点を記録する装置です。

例えば○●で表現すると

↓こんな感じ

1秒 ○ 
2秒 ●
3秒 ○


それで、こういう装置を持ち歩いて

世界中の霊地とか、人が大勢集まるようなところに行って

記録がどうなるか調査した結果が紹介されています。

もしもREG装置が問題なく作動していれば

ある一定の時間に記録された左右の点の比率は

限りなく1:1に近いはずです。

この比からかけ離れるほど

REG装置がなんらかの影響を受けた可能性があるということになります。

ではどうなったかというと

たとえば大きなスポーツのイベントとか

全米が注目するような大事件の裁判とか

大勢の信者が熱心に参加するとくべつな宗教行事とか…

そういった場面で、REG装置はなんらかの影響を受けて

右または左に偏った点が記録されたのでした。

この実験は個人レベルでもできるようですが

今回、留意していただきたい点は

「何も知らない大勢の一般大衆のエネルギーによって確率が影響されている」

という点です。

よくよくお考えいただきたいのですが

ロンドンオリンピックで悪魔崇拝の儀式が

“セレモニー”として行われていたり

アメリカのスーパーボールでも

イルミナティのシンボルが満載だったりするわけですが

観客が興奮すればするほど

その観客たちの、意識されていないエネルギーを

何らかの目的に使用することができるとしたら…

ということです。

イルミナティが自己アピールをしているだけの話では済まされないのです。

彼らが、数万人の人類の、高まったエネルギーを

彼らの儀式に流用しているとしたら…

そして彼らの儀式は悪魔の召喚などです…

スポーツの奨励・振興は愚民化政策の一つです。

しかしそれだけではなく

人間の持つ潜在的な力の無断流用
(しかも邪悪な目的での)

という可能性があるのです。

まぁそういう意味でも

大きな(国際レベルでの)スポーツ大会の観戦などは

冷めた姿勢でしておいた方がいいでしょう。

2015-03-26

原子力発電所についてもう一度考えてみる

2011年3月11日の事件を受けて

日本国内における原発の存否が一つの争点となりました。

日本国内に異常なほどの数の原発が存在するのは

もちろん、核兵器ビジネスの重要な一翼を担っているからであって

電力会社が表向きにする説明はまったくのデタラメです。

アメリカ様が必要としているプルトニウムやウランを

ロンダリングしてリクルートすることこそ

日本の原発の意義であり、ビジネスチャンスなわけです。

日本は憲法上、核兵器を所有できないことになっていますので

秘密裏に開発・輸送などしているわけですけれども

アメリカとイスラエル様を出し抜こうとして叩かれたのが

日航空気墜落事件の一因です。

311で明らかになったように

アメリカやイスラエルにとって、日本の各地に原発があることは

日本国全体に致命的な時限爆弾を仕掛けておくことと同義なので

目先の金に食いつかせると同時に首根っこを押さえたことになるのです。

武田某が言っていましたけど

核兵器を持ち出さなくても、原発をミサイルで攻撃すれば

そこで核兵器を使ったのと同じようなものですからね。

日本は核兵器を持たない国からも、

いつでも核攻撃を受ける体制が整っているということです。

原発のことを「クリーンエネルギー」と称するのにも

もはや限界がきているようです。

そもそも原発からも二酸化炭素はせっせと排出されているわけで
(二酸化炭素自体、温室効果ガスとして大した意義はありませんが)

安定したエネルギーを供給するというのなら

火力発電だけでも一向に構わないはずです。

というか、他に代替手段が無いようにみせかけることで

フリーエネルギー技術の開発を妨害し

「危険を承知で利用するしかない」という意識を

大衆愚民に植え付けているわけです。

そんな原発ですが、最近、一部で廃炉の動きがあります。

もちろん先日メルケルが訪日したことが関係しているでしょう。
(なんだか歳をとって、メルケルはますますヒトラーに似てきましたね。)

そんなメルケルの訪日から目を逸らそうとして発生したのが

淡路島での殺人事件というニュースだったわけですけど

あの事件も、一瞬で忘れ去られたようですね…。

いつもながらまとまりのない記事になってしまいましたが

日本にとって原子力発電所とは

庶民の命も生活も顧みない連中の

金儲けと権力争いの道具に過ぎないということです。

別に放射線なんて脅威じゃありませんが

もうあんなもの放棄しちゃえばいいんじゃないでしょうか。

2015-03-25

憲法第9条

日本国憲法が、世界の他の国の憲法と比較して

“平和憲法”と呼ばれる所以は

第9条の存在そのものと言っていいでしょう。

戦争の放棄と軍事力の放棄を高らかに宣言したこの9条は

大東亜戦争でユダ金連中の想定以上にやりすぎてしまった日本への

“あてつけ”以外のなんでもなく

戦争ビジネスへの参加を拒否し、永久に搾取される立場にするための条項でした。

が、しかし

朝鮮半島に東亜の不和装置を設置するにあたって

結局は自衛隊が誕生する流れになったわけですけれども。

いくらホモの石破茂が顔を真っ赤にしてムキになって熱弁をふるったとしても

世界中の軍隊は、日本の自衛隊のことを軍隊以外の何物とも考えていないわけで

そういう意味では、憲法9条なんて敢えて改憲する必要もなく

したり顔をして保存しておけばいいようにも思えます。

こういう、日本人の成熟した精神が生み出す面従腹背の態度を

頭でっかちな欧米人は昔から理解できていないようです。

まぁ安倍晋三とかいう中年も

自衛隊のことを「わが軍」と高らかに宣言しているわけですし

次は専守防衛のためにの予防という名目で

こちらから攻撃してしまえばいいだけの話ですね。

もちろん、戦争なんてものは

ユダ金の金儲けのためのゲーム以外のなんでもないわけですから

もう今後永久に、人類は戦争を放棄すべきなんですけれども

自称、神に選ばれた民族というユダヤ人と

自称、地球上でもっとも優れた種族であるというアングロサクソンと

自称、万世一系の天皇家とかいう

頭の悪い連中が手を組んで悪事をはたらき

自称、善良なる賢明な市民とかいう大衆愚民が

その罠に数百年間まんまとハメられているのに

未だに気が付かずにテレビを見て酒を飲んでスポーツに勤しんでいるような世界では

まだまだ遠い未来の話になってしまうのかもしれません。

2015-03-24

X-Dayは近いのか?

最近、政治の舞台が騒がしい。

まず注目すべき出来事として

「普天間飛行場の辺野古移設計画阻止」作戦があります。

まぁもちろん地球上に米軍基地なんて必要ないわけですし

基地移設のために岩礁を破壊したら

この先いつになったら自然が回復するのか永遠にわからないわけですけれども。

そういう意味で、翁長知事の判断は素晴らしい…のですが

これがいつも通りのマッチポンンプである可能性を考えなければならないのです。

前知事がいくらもらったかわからないですけれども

まぁ前知事と政府との間で辺野古移設を決めたわけで

見事に遺恨を遺すことに成功したわけです。

今更になってその計画を、無理だと承知でくつがえそうという

これがマッチポンプだったら見事な離間工作と言えるでしょう。

沖縄 VS 本土(本州、九州、四国、北海道)

分割統治は続いています。

そして、第三次世界大戦を起こそうと

イルミナティが必死になっているのも伝わってきています。

安倍晋三がついうっかりと自衛隊のことを

「わが軍」

と言ってしまい集中砲火を受けている…

というショーが繰り広げられていますけれども

特定機密保護法にしても

マイナンバー制にしても

安倍式軍国主義の賜物以外の何物でもないわけです。

悪い方には考えたくないのですけれども

今のところイルミナティの計画は進行しているのでしょう。

日経平均はついに今世紀に入ってからの最高値を更新して

2万円に到達しそうになっています。

そうして庶民投資家から金を巻き上げたら…

戦争や恐慌で一気に回収…

今のところお約束のパターン通りに見えるのですが…

2015-03-23

きっと布石なんだろうと思っている

オウム真理教による地下鉄サリン事件

が起こったことになってから20年経過しました。

まぁ20周年のメモリアルといえばそうなのですが

やっぱりどうしても

「対テロ戦争」

への布石と洗脳でしかないと思うのです。

何故ならば当時、日本という国において

オウム真理教というカルト宗教団体による

無差別殺人テロというものは

世界でも前例のないテロ行為だったためです。

これこそまさに、「対テロ」への大いなる布石ではないかと思うのです。

その根拠はまさに、あの事件が未だに

「オウム真理教」という宗教団体が起こしたテロ行為とされているためです。

オウム真理教の幹部の多くが

創価学会や統一教会からリクルートされた人物

であったことは明らかになっていますし

オウム真理教が麻薬や覚醒剤を製造していただけなのに

サリンを製造したことにされていますし
(あの施設ではサリンなんて製造不可能という話ですけど。)

まぁ結局、自衛隊(の一部)や警察(の一部)を

ああいった犯行に巻き込んで利用できるのは

日本における破壊工作の中心である創価学会以外にないわけで

あとは生きていると都合の悪い村井などを

関連の暴力団を使ってセンセーショナルに葬ったりしたわけです。

本当のテロリストは創価学会…

の背後にいる満州関係者(売国奴)なわけですけれども

まぁ見事に劇団オウムを使って演じきった事件でしたよねぇ。

まぁそれもこれも

来るべき世界規模の対テロ戦争である「第三次世界大戦」

に向けての布石なんだろうと思います。

「テロリズムの恐怖」を煽り続ける…

決してテロリズムの存在を忘れさせない…

そしてテロリズムに憎しみを抱かせる…

最終的に「テロは悪」という

シンプルなレッテルと刷り込みで完了…

すべて、「対テロ戦争」という第三次世界大戦に

日本人を巻き込むためです。

なんだかんだいって

日本人にとっては「イスラム VS キリスト」は馴染みが薄いですからねぇ…

そりゃぁ、地下鉄サリン事件に巻き込まれて亡くなった方々には

心からお悔やみを申し上げますけれども

でもそれならばなおさら

こんなバカバカしいことが二度と起こらない世の中にするために

真実が明らかになる日が一刻も早く訪れるよう

最善の努力を続けなければならないでしょう。。。

2015-03-22

役に立つ愚か者

イルミナティ直属の部下(工作員)になって仕事をすることは極めて難しい。

なぜならばマサチューセッツやオックスフォードの中の

一部のエリートからさらに選りすぐられたエリートでなければ選出されないためだ。

あるいはそれと同レベルと認められなければならない。

そうでないならば、真の計画の全貌や目的は伝えられずに

偽旗作戦の旗振り役に任命されて終わりである。

彼らは計画の本当の目的を知らない。

大きな目的のための小さな目標を

彼らが仕込まれた価値観や世界観に基づいて

せっせと忠実にこなしていくだけだ。

そしてそれが真実であり、良いことであると考える。

困難な課題を努力して解決する能力は兼ね備えていても

カーテンの裏で操っている者の正体に気づくこともなく

その存在すら気づく気配がない。

イルミナティは、彼らのことを敬意をもってこう表現する。

「役に立つ愚か者」

イルミナティにとって、その辺にいる秀才などは

使い勝手の良い愚者に過ぎない。

愚者によって愚者をコントロールさせているのが今の社会である。

もし万が一、イルミナティに逆らうような愚者がいれば

社会的に抹殺されるか実際に抹殺されるかのどちらかである。

自分のことを「頭がいい」と思って得意になっている人物ほど

操りやすいものはないようである。

小生はそんなのはお断りなので

イルミナティに影響を受けることなく

日々を生きていこうと思っているわけですけれども。

2015-03-20

エルトン・ジョン VS ドルチェ・アンド・ガバーナ

先日、E・ジョンがドルガバの不買を訴えました。

その理由は、同性婚を果たしたE・ジョンペアが

代理母を使って人工授精し、子供を授かろうとしているためです。

先に断っておきますがセクシャルマイノリティの問題と

フリーメーソンやイルミナティがホモ集団であることとは別問題です。

彼ら性的倒錯者の集団は

世間に不調和をもたらし、分割統治を円滑におこなうために

セクシャルマイノリティを利用します。

おそらくE・ジョンの件もそういう工作の一つでしょう。

ちなにみ「アナと雪の女王」は、以前にも指摘した通り

レズビアン賛歌の映画であり、主題歌も同様です。

さて本題に入ります。

同性愛のカップルに限らず

高齢婚や病気・障害のために人工授精を選択する夫婦は

増えているのではないかと思います。

しかし、小生は医者としても人としても

やはり人工授精や代理母出産は容認できません。

確かにこれは科学の進歩の恩恵と言えるでしょう。

しかし、あまりにも不自然です。

やはり生命に対する尊厳を失った態度です。

もしも子供を授かれないというのなら

なぜ里親になるとか、養子縁組をするという選択をとらないのでしょう?

江戸時代までの日本では

養子縁組などごく当たり前のことでした。

むしろ、何代も続く商家などでは

「バランスをとるために外からの血を入れる」という目的で

積極的に行われていたものでした。

それでも、もしも夫婦二人の(あるいはどちらか一方の)遺伝子を引き継がせたい

というのなら

人類の遺伝子のうち99%が同じであるという科学的事実をどう考えるのでしょうか?

その1%の違いに執着するために、生命が物(あるいは商品)として扱われることが

果たして人類の選択すべき道なのでしょうか?

やはり小生には、医者としても人としてもそんな選択はできません。

さらにもう一つ指摘をするならば

欧米で精子バンクを利用して、人工授精により子供を作る女性の多くが

フェミニストでありレズビアンであるという事実を理解するべきでしょう。

レズビアンにそういう傾向があるということではなくて

レズビアンであって、フェミニスト運動に参加しているような

明らかに分割統治を推進している側の人物が

自己の利益のために、政治的目的も兼ねて人工授精をしているのです。

病気や障害で辛い思いをされているご夫婦も多いでしょう。

しかし、それだけ苦労をしているのならば

逆にどうして養子や里親という選択をしないのでしょう?

やはりたかが1%の違いに執着するというのでしょうか?

それとも、自分が腹を痛めた子供でなければ愛せないなどと言うのでしょうか?

もし子供を育てるということに関して、そのようなことを言うのだとしたら

その夫婦は愛とはどういうものかを理解せず

そして、子供が人類の未来の宝であることを理解できていない証拠です。

そのような人々が欲しているのは

愛ではなく

家族ではなく

自己満足のための道具以外の何物でもないのでしょう。

しかし彼らだけを責めることはできないのです。

なぜならこうした現象もまた

金と物欲による世界支配を許してしまっている我々全体の問題だからです。

些末な問題に目を奪われてはなりません。

それは道端のトリモチに執着することと同じです。

トリモチをばら撒いた人物を何とかする方が先決です。

2015-03-17

他ブログ様のこと

安倍晋三から危険視されていたブログの一つ

「宇宙への旅立ち」様が

一か月の休養に入られるようです。

体調面の問題などもあるらしく心配です。

なにが心配って、安倍晋三を動かしている

統一教会の仕業でブログが閉鎖されるのが心配です。

再開される日が待ち遠しいですね。
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR