2016-05-30

ミッション遂行の安倍チョン、ご勇退へ

日本をアメリカの都合で戦争に引きずり込む法案を成立させ

国民に知られては都合が悪い情報を国民から隠す法案も成立させ

消費税を増税して経団連(日本メーソン)企業の法人税を減税して脱税サポートし

選挙公約で断固反対していたTPPにあっさり参加を決めて

世界に冠するトヨタ(日本メーソン)の利益に貢献するために

わざわざ円安に誘導して日本円を海外に放出…

…そんな安倍チョンもついにご勇退の時がやってきました。

安倍チョンがすべきことをやり遂げたのを見計らって今さらながら

野党が「内閣不信任案提出で一致」だそうです。

もっと早くできただろって突っ込みたくなりますが

与野党マッチポンプの日本の国会ではそんなことは起こりませんかね。

オバマ米国大統領(前オサマ=ビンラディン氏)が

広島を訪問して中身のない演説をしている最中に

その傍らに“ぼーっ”と立って間抜け面を世界中に報道された安倍チョン…

まさにご主人様に「待て」を命じられた忠犬アメポチという表現がぴったりでしたね。

有名無実な「アベノミクス」という経済政策は

事実上、日本国民の台所事情にまったく貢献しませんでしたが

空気読めない安倍チョンは「アベノミクスは成果をあげた」

の一点張りでしたね。

もはや人としての最後の砦である良心すらアメリカに売ったんでしょうね。

これで統一教会とかメーソン企業からがっぽりお小遣いをもらって

麻生太郎と仲良く余生を送るつもりなんでしょう。

例えば、森喜朗が(五輪含む)スポーツ関係の業界で

生き恥をさらしながら利権に寄生していますけれど

彼ら二人もそのような寄生虫の仲間入りをするんでしょう。

イエス=キリストに言わせれば天国に一番遠い人間てやつでしょうか。
スポンサーサイト

2016-05-30

なりすまし天皇とアマテラス

天皇がもともと日本にいた民族ではなくて

中国大陸方面からやってきた渡来人であり

それを隠して、日本の正当な支配者であるかのように

見せかけるための工作として

アマテラス=女性太陽神=日本の神

という設定をしたわけですが

地球規模で太陽信仰について考えた場合

太陽神が女性であるという設定は完全な誤りであり

女性神に巫女が仕えることはありえないことです。

そういう視点では伊勢神宮(を悪用している今の天皇家)は

完全な詐欺師であって、信仰におけるナリスマシでしかありません。

ナリスマシというと例の半島国家人の得意技ですが

それはまさに寄生虫根性のなせる業ともいえるでしょう。

なぜこんな話をしているかというと

「健康にとって一番理想的な食生活はどのようなものだろう?」

と調べていた際に

日本の本来の国家のあり方とは縄文文化なのだ

ということを知ったからです。

縄文時代には日本という規模での

明確な国家などなかったかもしれませんが

それは逆に言えば“自然を所有(支配)する”という

驕り高ぶった発想をもつこともなかった

という風にも考えることができて

この精神性は、アメリカンインディアンの精神性とも近いのではないか

と思えるのです。

アメリカ最古のインディアンであるホピ族には

あたかも、日本人とホピ族が同じ民族であったかのような

言い伝えがあるようですが

縄文人とポリネシア系民族の類似点も考えたりすると

あながち嘘ではないのかもしれません。

いずれにせよ、天照大神という神は

日本国家の神の総大将などではないし

まして天皇家の祖神でもなんでもないのです。

むしろ、伊勢地方の自然崇拝の対象としての神だったのであり

実は蛇の姿をした神でもあるので

諏訪大社の神とか

いわゆる龍神、蛇神系の神であって

これはどちらかというと海洋民族系の神であった

という可能性が高そうです。

2016-05-27

G7ついでにアマテラス

G7の話題のついでに伊勢神宮のアマテラスにも触れておきます。

天照大神(アマテラス)は江戸の頃まであまり相手にされていなかったのに

いつの間にか日本の神様の総大将であるかのような

しかも、天皇家のお祀りする最高神であるとかいう

妙な設定になっております。

江戸の頃、何を思ったか「お伊勢参り」が流行って

そのおかげで知名度が上がったのでした。

天皇家の神かどうかなんて極めてどうでもいい話で

少し前まで仏教マンセーだったくせに

よくもまぁ日本の神道の最高神官であるかのような振る舞いができるものだと思います。

というか、日本という国にとって

天皇家なんて“ヨソモノ”集団に過ぎなかったくせに

人一倍暴力的で野心的だっただめに

いつの間にか日本を支配する立場になっていましたね。

そんな話とアマテラスがどう関係するのかというと

アマテラスというのはもともとあの辺の地方の神でした。

名前からなんとなく察せられる通り、自然崇拝における自然霊だったわけです。

「天つ神」とかまさにそういうことですよね。

“天”を象徴する神様でした。

これは、縄文文化の日本人にとって極めてふつうのことであり

生きるエネルギーをもたらす天を司る太陽神(男性)と、

大地の恵みをもたらす地母神としての女神は

きわめてスタンダードな自然崇拝の形式です。

したがって、まず太陽神のくせに女性であることが

すでに胡散臭さ満点なのです。

この点については文庫レベルでたくさんの著作が世の中にありますから

是非皆様ご一読ください。

つまるところ何が言いたいかと言うと

天皇家とはよその国からやってきて

日本の自然崇拝の神を乗っ取って祖神崇拝に仕立て上げ

その意味不明な根拠と権威に立脚した支配者である

ということです。

G7で世界の首脳が日本に来てることですし

いい加減、太平洋戦争の責任を天皇にとらせたいものです。

2016-05-26

警視庁のパフォーマンスはいかがなものか

伊勢志摩サミットの開催をうけて

警視庁がテロを防止するための

さまざまな“パフォーマンス”を披露しています。

もしも本当に世界各国の首脳陣を

テロによって殺害しようという組織があるとして

駅のコインロッカーを封印したところで何か効果があるんでしょうか?

いつもより高いお立ち台に立って警戒したところで何か効果があるんでしょうか?

しかも東京駅周辺とか。

あるいは、周辺の主要幹線道路で検問を実施したところで

何か効果があるんでしょうか?

今、話しているのは素人テロリストの話ではなく

プロ組織を対象としての話です。

小生は別に警備とか軍事の専門知識はありませんけれど

それにしても、警視庁の薄っぺらい市民向けパフォーマンスは

あまりに低レベル過ぎて笑えませんね。

あんなので市民が安心したり喜ぶとでも思ってるんでしょうか?

まぁ、舐めきってるってことですね。

ところでG7では

帰化3世の安倍チョンがリーダーシップを発揮できるかどうかに

マスゴミは注目していますけど

ジャパンハンドラーの言いなりの安倍チョンに

そもそもリーダーシップも何もありませんでしょうが。

安倍チョンの国会答弁はホント低能すぎて呆れてしまいます。

さまざまな真っ当な批判に対する彼の論理構成はつねに

「わたしはそう思ってません。だからわたしは正しいんです。」

のワンパターン…

これってまるで恋愛ストーカーなみのクレイジーな思考で

女性「私はあなたのことが嫌いです。迷惑です。近寄らないでください。」

ストーカー「私はそう思ってません。私はあなたを愛しているので結婚しましょう。」

という救いようのない思考とまるで同じです。

もういい加減、あの頭悪い総理と副総理のコンビを相手にするの

やめましょうよ。

というか、こんな輩たちが寄ってたかって

国民をダシにしている政治システムなんか

さっさと相手にするのをやめましょうよ。

つくづくそう思うんですけど

2016-05-26

日常生活にゲルソン食を取り入れる

個人的にはゲルソンインスティチュートで研修したいんですが

海外に一人で一週間も滞在してみっちり研修できるほど英語能力がないので

いずれ日本でも同様の研修ができないかなぁ…と思っています。

それはさておき

ゲルソン食はきっちり遵守してこそ十分な効果を発揮する

完成度の高い栄養療法と言えます。

つまり癌などの病気をゲルソン療法で治そうというのなら

全部きっちりやるべきです。

どのパーツが欠けても効果がガクッと落ちてしまうでしょう。

とはいえ、まだ明らかな病気ではない段階で

あえてゲルソン食を全うする努力はしなくてもいいと思います。

なので、ある程度のエッセンスを取り入れつつ

あまりに不健康な現代食から脱していければいいのではないかと思います。

詳細は皆様ご自身でお調べいただくとして

比較的簡単にできそうなことを列挙してみましょう。

① ヒポクラテス式野菜スープ

② 朝のオートミール粥

③ 生野菜サラダ
(ドレッシングを使わず、バルサミコ酢やリンゴ酢で食べます)

④ 根菜のオーブン焼き
(ガーリックパウダーとバジルで味付けして180℃で40分)

こんなとこでしょうか。

とりあえずできる限り無塩、無調味料、必要以上の加熱を避ける

というのがポイントです。

ゲルソン療法の要である野菜ジュースは

そこらへんのお店で売っているジューサーでは作れないため

今回は外しました。

永久に“治癒”に至らない高血圧や高脂血症の薬を飲むより

こういった食生活をされてみてはいかがでしょうか?

2016-05-26

ゲルソン療法の第一人者が感じたこと

日本におけるゲルソン療法の第一人者は

氏家京子さんというジャーナリストです。

氏家さんは米国のゲルソンインスティチュートから

正式に認可を受けている方です。

氏家さんがこれまでに多くの癌患者さんに出会ってきたなかで

食生活以外で気づいた点がありました。

それは、癌患者の多くが人間関係のトラブルを抱えている

ということです。

とくに親子関係とか男女関係で

とても深刻な困難とか対立とかトラブルを抱えているようです。

氏家さんは、癌の発生にはぜったいに人間関係の問題が関与している

と感じているようです。

癌に対する食事療法を実践している第一人者が

「あの栄養がわるい」とか「この食品がわるい」ではなくて

人間関係こそが癌の要因であると考えている点は

人間の心や感情のはたらきを見て見ぬふりを決め込んでいる西洋医学では

永遠に気づくことのない点ではないかと思います。

また、個人的にうれしかったことは

コーヒー浣腸が身体的なデトックス効果のみならず

精神的にもデトックス効果がある…

つまりイライラを解消したり神経質さというかトゲトゲしさがなくなる

ということもおっしゃっていた点です。

ご主人と喧嘩しそうになると浣腸するだけで

「なんであんなにイライラしていたんだろう?」

と思うくらいスッキリするらしいです。

漢方では肝が精神的な動きも司りますから

そういう意味でコーヒー浣腸による肝臓のデトックスが

精神的健康に多いに貢献することは

東洋医学の思想の正しさが実証された一例ではないかと思います。

2016-05-24

無塩食のススメ

「塩分は身体にとって必要不可欠なミネラルである」

というのは周知の事実で

昔は塩を巡って戦争が起きたほどなわけですが

しかし一方で「フードトラップ」などの

加工食品の危険性を指摘する著作においては

塩分が人体にいかに有害かが指摘されています。

塩分は料理の風味を良くしたり

あるいは保存食を作るためにも利用されたりしますが

いっぽうで塩分の過剰な摂取は、

塩に対する強烈な渇望感を生じさせ嗜好性を高めます。

塩味をおいしいと思うようになるのです。

ゲルソン療法においては塩分の摂取を禁止します。
(食材由来のものは許容します)

というのも、これほどまでに人体にとって重要な塩分を

回収・再利用するシステムが人体にはすでに備わっているからです。

それが腎臓です。

なので、腎臓にむだな負担をかけないためにも塩分は摂取しません。

ゲルソン博士が注目した点は

老化した細胞、あるいは癌細胞では細胞内のナトリウム濃度が高くなっており

細胞浮腫が生じているという点です。

血中ナトリウム濃度ではない点にご注意ください。

それに対して例えば赤ん坊のころのような

生き生きとした細胞では細胞浮腫がなく、細胞内ではカリウムが高濃度です。

癌や病気となった細胞および全身の臓器能の回復のために

ゲルソン博士は細胞浮腫を解決し、細胞の機能を回復させようとしました。

それが無塩食(高カリウム食)なのです。

といっても、カリウムをわざわざ摂取するわけではなく

大量の野菜ジュースを飲むなどの過程で

必然的にカリウムを多量に摂取することになるのですが。

完璧なゲルソン食を続けていくのは非常に大変なのですが

ゲルソン食を続けていくと、身体は有害物質への感度が高くなるようです。

まぁ言い方を変えれば過敏症になるともいえるかもしれませんが

逆にいえば現代社会の食生活をしていると

そういった感覚がどんどん鈍っていく一方で、

なぜか花粉やそばなどに対するアレルギーは増えていく

という逆説的な状況に陥っている人が多いのではないでしょうか。

人体に有害な成分を摂取したりすることを意図的に避けることができる

その鋭敏な感性・感覚はもしかしたら

古代人ならふつうの感覚だったのかもしれません。

これこそ、生活習慣病と称される様々な疾病が

現代社会では増加し続けているひとつの要因かもしれません。

2016-05-24

GWはゲルソン療法を体験してきました

GWの連休中にゲルソン療法の食事を体験してきました。

ゲルソン療法は知る人ぞ知る栄養療法で

ドイツ系ユダヤ人であるマックス・ゲルソン博士が開発したものです。

ゲルソン博士はメルボルン大学の医者でしたが

自身が病弱な体質であったために、

いかに食事で体質改善をするかということに熱心に取り組みました。

そして独自の理論を構築し、ゲルソン療法を開発。

当時は結核の治療から始めて、

なんと治癒率99%という驚異的な成績でした。

そんな彼も世界大戦の影響を受けてドイツから脱出し

最終的にアメリカに辿りつきました。

ゲルソン博士の人生はまさに波乱万丈。

生まれたときから何度も死の危機をかいくぐった人でした。

彼の「ガン食事療法全集」も出版を何度も試みて

4度目にしてやっと出版に成功した著作であり

この著作出版後、彼は亡くなりました(暗殺された疑惑があります)

彼の天才的な頭脳なくして、

この名著は現在に残されることはなかったでしょう。

彼の伝記が英語で出版されていますので

ご興味ある方は読まれるといいと思います。

ちなみにゲルソン博士の同僚にシュヴァイツァー博士がおり

シュヴァイツァー博士はゲルソン博士のことを

「医学史上最高の天才」と評しています。

2016-05-17

禿げキムチ終焉か?

まぁどう考えても不正選挙で当選したとしか思えなかった

舛添要一東京都知事ですが

公費を私用したということでマスゴミに騒ぎ立てられています。

在日マスゴミが在日都知事を攻撃しているんですから

ただのマッチポンプなんじゃないかとも思うんですが

「お前だけ美味しい思いすんなよ」

ということでやり玉に挙げられているのかもしれませんね。

舛添要一もバカなもので会見で必死に言い訳をしちゃったものだから

まさに墓穴を掘った結果となりました。

公費と使いっぷりについてはマスゴミがさんざん報道してくれているので

敢えて取り上げるまでもないですけれども

これで舛添要一が都知事を辞職して

ちゃっかり退職手当をもらったとして

東京愚民の皆様はどうなさるんでしょうかね?

いい加減、政治に関心と責任をもって

不正選挙を問質したりしないんですかね?

まぁ個人的には東京(特に23区)なんて

人間が住むべき環境じゃないと思っているので

東京都民がまともな知性と人間性をもっていると

期待すること自体が間違いなのかもしれませんけれど。

2016-05-17

非敵対的敵対的買収

わざとわかりづらいタイトルにしました。

三菱自動車が燃費計測の不正を日産から告発されて

なんやかんやで大幅な減益と

購買者に対する莫大な補償が課せられそうになっています。

軽自動車業界の燃費計測の不正なんて

業界内では程度の差はあれ、常識的なことでした。

ただ三菱がやりすぎたというだけ。

他の業者もみんなやってるわけですから

今回、三菱だけがやり玉に挙げられたのが不思議でした。

ちなみに軽自動車の燃費計算方法ですが

実際に走行などして測定する項目と、

実際の測定が煩雑であるため業者の設定した数値を用いる項目

によって計上するのですが

当然ながら軽自動車業界は後者の項目において

自社に有利な数値を設定しています。

つまりそこでサバを読んでいるわけです。

この程度のことはコンビニで売っている自動車雑誌にすら書いてありますが

さて三菱はどうなることやらと思っていたら

日産の傘下にあっさり入りましたね。

日産が不正を告発して、日産が後処理をする…
(補償などは三菱が行う)

日産は三菱自動車という軽自動車部門を

なんとリーズナブルに手に入れたことでしょう。

最初からマッチポンプだったとしか思えませんね。

てゆーか軽自動車なんて早く無くなればいいと思いますけど。

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR