2016-12-27

絵にかいたような教科書的な暗殺事件

19日、トルコの首都アンカラで写真展の開幕式に出席していた

ロシアの駐トルコ大使が銃撃され死亡しました。

犯人は「シリアを忘れるな」と叫んでおり、

シリア内戦でロシアがアサド政権の後ろ盾となっていることへの

報復が動機だった可能性があるとみなされています。

犯人は警察に射殺されたようですが、実は犯人も警察官で

大使の護衛役と嘘をついて会場に入っていたようです。

…と、まぁここまで読むと一人の警官の犯行のようですが

この警官、スピーチの最中に大使の背後に立っており

背後から銃撃したのです。

ちょっとおかしいと思いませんか?

他のSPは何をしていたのでしょう?

SPなら大使の警護役が誰なのか互いに把握しているはずなのに

この22歳の犯人である警官の嘘にまんまと騙されたのでしょうか?

トルコといえば親ユ政権ですが…

この事件はユダヤお得意の暗殺劇だったのではないかと思うのです。

今回、犯人役の警官が見事に大使を殺しました。

なのでそこで目的は完了。

あとは犯人役の警官を、

“本人に告げていたのとは異なる筋書き”によって始末したのです。

仮にもしこの犯人が射殺に失敗していた場合

他のSPが大使を警護・避難させるふりをして

物陰で射殺していたはずです。

“暗殺対象に不審に思われることなく接近できるSPが暗殺犯”

というのは過去の例を見てもわかるように

暗殺の典型的な手法です。

通常、犯人役の人物が

大声をあげたりしながら対象に切りかかったりするのですが
(そうやって周囲の人物の注意を引きつけます)

今回のケースでも犯人の警官は

いきなり大使を射殺するのではなく

空に向かって一発発砲してから大使を銃撃しています。

つまりわざわざ注目を集めるような行為をしているのです。
(大使をころせばいやでも注目されるというのに)

あたかもテロ組織の関与した事件であるかのように見えますが

この事件、裏にはイスラエルがいるような気がしますね。
スポンサーサイト

2016-12-26

日露首脳会談の成果 -3000億円かけてゼロ返還-

安倍チョンとプーチン露大統領の首脳会談が

予想通りの結果となりました。

地元であり田布施システムの本拠地である

山口県にまで呼びつけて会談をしたというのに

安倍チョンの成果は「ゼロ」でした。

同行したペスコフ大統領報道官は

「(北方四島の)主権の問題はまったく持ち出されていない。

ロシアに主権があることに疑問の余地はない」

と断言。

まぁそもそも「通訳を除いて二人だけで会談」

というのが胡散臭い表現ですよね。

田布施システムの本拠地なんですから

田布施のドンも会談に参加していた可能性大アリです。
(勘繰りすぎかもしれませんけど)

安倍チョンが自信満々に強調する唯一の「成果」らしきものは

「北方領土での共同経済活動の実現に向けた協議を両国で始める。」

という合意だけです。

なんですかね、これ。

「経済活動の実現に向けた協議を始める」

ってことはまだ何も変わってないってことでしょ?

ロシアには3000億円支払う約束をしたというのに

ロシアからは何も引き出せなかった安倍チョン

プーチンに完全に見くびられているようです。

2016-12-22

ASKAの逮捕と違法捜査

覚醒剤使用容疑で逮捕されたASKAが無罪放免!

警察組織の違法な捜査手法がまた明らかになりました。

当初、ASKA氏はブログで

「陽性は100%ない」

と主張。

ところが警察発表では「尿検査で陽性が出た!」

というものでした。

しかし事態は一変しました。

警察は逮捕時に採取した尿を

“ASKAさんの尿だと立証できずに”不起訴となりました。

わかりますよね。

つまり警察は他人の尿を使用したということですよ。

しかもASKA氏は警察の目を盗んで

「あらかじめ用意したお茶」を尿として提出していたわけです。

これでなんで覚醒剤の陽性反応が出るんでしょうか?

警察が証拠をでっちあげたり

そもそも存在しない証拠を主張していることは明らかです。

元東京地検検事の落合洋司弁護士は

「本人の尿であるかどうかは捜査の根幹に関わる部分で、

捜査員は採尿中に不審な行動がないか注視する。

検察が本人の尿と立証できないと判断したということは

警察の対応が相当雑だったのではないか」と指摘しています。

門野博・元東京高裁部総括判事(弁護士)も

「採尿の経緯を立証できなかったのは捜査に不手際があったといえる。

やむをえず自宅で採尿する場合にもトイレなどに

不審物が持ち込まれていないかを確認し、

経緯を撮影するなどの作業が必要で、不起訴は妥当な判断だ」と指摘しています。

つまりその通り。

創価警察はASKA氏による盗聴・監視暴露本の出版を阻止するため

見切り捜査でASKA氏を逮捕し、証拠をでっちあげました。

しかしASKA氏の策が功を奏して

警察の違法な捜査、冤罪量産システムが明らかとなりました。

創価学会や暴力団と親密な関係を築きあげ

国民の血税で生かされているにもかかわらず

国民の利益を無視して反社会勢力に加担する警察組織など

根底から解体されて新たな組織を作り直すべきです。

2016-12-20

クリスマスはサタン祭り

12月に入り、世間は一気にクリスマスムードとなりました。

世間と言っても、キリスト教徒の少ない日本ですから

クリスマスムードを演出して騒いでいるのは

クリスマス商戦で一儲けしてやろうと思っている商業界が中心ですが。

クリスマス商戦とはもちろん

12月25日の朝、子供が目を覚ましたら枕元にプレゼントが置いてある!

とか

12月24日の夜、理性が性欲に乗っ取られた男女が

セックスの証に貴金属などを交換する…

というアレですね。

え?クリスマスはもっと純粋な愛の日ですって?

そう思っているとしたらだいぶ洗脳されているようですね。

さて、深々と雪の降る夜に煙突から勝手に民家に忍び込んで

家人の誰にも気づかれずに子供の枕元にプレゼントを置いてくる人物とは

一体何者でしょうか?

「サンタクロース」

だなんて回答は期待していませんよ?

そんなことを平気でやる無法者とは一体なんなのか

と言う話です。

サンタクロース…

イエス・キリストの生涯に詳しい方なら

12月25日がイエスの誕生日ではないことはよくご存知でしょう。

にも関わらずなぜ12月25日がキリストの誕生日なのか…

冬至は例年12月22日頃です。

つまり1年でもっとも「太陽が地上に顔を出す時間が短い」日です。

太陽の南中する位置がどんどん南下していって

クリスマス辺りの3日間、もっとも太陽の力が弱まるのです。

そして25日ごろからまた日照時間が長くなる…

つまり現在のクリスマスという祭典は

イエスを太陽神になぞらえた太陽の復活祭であるわけですが…

逆から見ると

この「太陽が死んだ3日間」の、しかも復活前夜というクライマックスに

サンタクロースなる謎の無法者が世界中の家に侵入するのです。

この離れ業はまさに魔術なればこそ為されるのです。

1年間いい子にしていたからご褒美をもらえる?

それなら堂々と昼間に渡せばいいじゃないですか。

なぜ夜中、皆が寝静まった頃にばれないように犯行に及ぶのか…

そう、サンタクロースの真の目的は子供の誘拐であり

悪魔の儀式で生贄にすることにあるのです。

サンタクロースことサタンは

太陽が復活するまさに前夜に

太陽の復活を阻止するために儀式を行うのですよ。

それがクリスマスのお祝いの真の正体です。

あぁ今年も世界中の哀れな子羊たちの魂が

サタンに刈り取られていくのですね。

2016-12-19

“大麻取り締まり”の犯罪的実態が垣間見えた!

昨年11月、川崎市の男性がバイクに大麻を隠し持っていた

という容疑で神奈川県警大船署の巡査部長に逮捕・起訴された事件で

大麻取り締まりに関わる警察の犯罪性の高さが明らかになりました。

上記巡査部長は、被疑者となった男性の関係者から

「男性のバイクに大麻があった」

という証言を得ると

「自宅でも大麻を見た」

という嘘の証言を加えて捜査令状を手配したのです。

この巡査部長は現在は懲戒免職となっていますが

トカゲのしっぽ切りでしかないことは明らかですよね。

12日、横浜地裁が調書を偽造と認定

被疑者とされた男性が見事、無罪となりました!

これが大麻取り締まり捜査の現実です。

証言も証拠も何もかも捏造。

内偵捜査であたりをつけたら

あとは違法な強制捜査で

証拠なんて捏造し放題の警察です。

ニュースで報道される大麻取り締まり事件なんて

誰にもなんの迷惑もかけていない一般人を

見せしめにつるし上げているだけ。

それもこれも大麻草に対する正しい知識と理解がない日本人が悪いわけですが。

神奈川県警はかねてから

在日朝鮮人の犯罪をもみ消したり加担したりしていることが

ネット上で指摘されているようです。

そういえば違法な交通取り締まりをしているようすも

YouTubeでは公開されていますね。

日本という国は警察のような犯罪組織が国家権力の番犬なんです。

2016-12-16

日本愚民化政策その5 カジノ解禁法案

12月14日いわゆる「カジノ解禁法案」が参議院本会議で可決されました。

民進党はこれに対して内閣不信任案を提出する方針。

一方、ユダヤ自民党は会期を延長して今国会で成立させる方針です。

前にも書きましたが

「自由民主党」という政党名を作り出したのはユダヤ人です。

ユダ金大好きの安倍チョンはがんばってこの法案を成立させるようです。

「カジノ解禁法案」はどう考えても国民愚民化政策です。

当たり前の指摘ですが

「外国人観光客は日本にカジノで遊ぶために来るのではない」

という一言に尽きると思います。

ネバダ州の何もない広大な砂漠地帯だから

「罪の都市」

が成立するようなものの

本来、世界に誇るべき自然と文化を有する日本で

何故、外国人観光客のためにカジノを作らなければならないのでしょうか。

外国人観光客がまず訪れたい地域No.1が京都です。

わかりやすい日本の文化の表現型ですよね。

それに国土の7割が森林という

欧米と比べてけた外れに自然が残されており

本来美しくあるべきはずの日本です。

(とはいえ、無計画で無秩序で無責任な開発をくりかえして日本の

 美しい自然を破壊し続けているのが日本の現状ですが。)

カジノなんて、どう誤魔化そうとしても賭博でありギャンブルであり

暴力団など犯罪組織の温床です。

(そういえば安倍政権と弘道会は仲がいいんでしたっけ?)

日本で唯一、個人でギャンブル経営を許されたのが

右翼の黒幕こと笹川良一という

アメリカ政府に魂を売った売国奴だったわけですが

その笹川良一の利権がボートレースであり

その笹川良一の負の遺産が「日本財団」であって

このたび、東京五輪でボート競技の会場が

水の森公園になりましたけれども

小池百合子が日本財団からいくら袖の下をもらったのかは

まだ当分あきらかにならないのでしょうね。

日本ではCIAの工作員がギャンブルを運営していました。

韓国ではパチンコは「国家を滅ぼす」として禁止されています。

ここのような状況でさらに政府は賭博の蔓延政策に乗り出すわけです。

ギャンブルなど真っ当な精神の人間がすることではないでしょう。

今までの歴史上、崇高な知性や精神をもった偉人の中で

ギャンブルを推奨していた人っているのでしょうか?

「カジノ解禁法案」はとりもなおさず国民愚民化政策であり

また、近年“シノギ”の減った暴力団に利益供与するための

国家破壊法案でしかありません。

2016-12-15

オスプレイの間抜けすぎる顛末!?

12月13日、沖縄沖で米軍機「オスプレイ」が海面に不時着し

見事に大破しましたね。

オスプレイは空中給油訓練中にホースが切れて

機体に不具合が生じたのだと言います。

この事故を受けて国内に配備されているオスプレイの

使用や整備が中止される模様です。

当初からポンコツ疑惑のあったオスプレイですが

ここに来て見事に大破してくれました。

で、結果として日本政府は「あまりにも高価な無駄な買い物」

をしたことになるわけですが…

では、現在建設中の辺野古基地などはどうなるのでしょう?

もともと垂直離陸ができるオスプレイのために

何故V字滑走路を建設していたのかが不明な辺野古ですが

今回このような事故が起きたせいで

もし今後オスプレイが使用中止になった場合…

そして近いうちに沖縄を含む日本から米軍が撤退した場合…

辺野古のV字滑走路はまんまと日本軍が活用することになります。

今回のオスプレイ事故はそういう含みを持っているのではないでしょうか。

「米軍のために自然を破壊して軍事基地を拡張します!」

と宣言して米軍を悪者にして

最終的には日本軍がありがたく基地を使用する…

平和憲法がある日本において、軍事基地を拡張することは

容易いことではないでしょうからねぇ…

今回のオスプレイ事故は

なんとなく日本政府のそういうマッチポンプ臭を感じてしまいます。

2016-12-13

もっと根本的なところを話そう

先日、乳癌検診に外来を訪れた中年の女性が

「オリンピックの無駄遣いには腹が立つわよね!」

と鼻息荒く言っていました。

東京五輪の会場を巡って

新旧利権寄生虫陣営が激しいしのぎを削っているようです。

ですが小生にはそもそも

東京五輪の開催自体がバカバカしいのです。

オリンピックは果たして本当にスポーツの祭典でしょうか?

ドーピングだらけ、審判買収だらけじゃないですか。

奇しくも今まさにフィギュアスケートが盛り上がってますが

キム・ヨナの露骨な審判買収と浅田真央潰しをリアルタイムで見ても

世間の人たちはなんとも思わないんでしょうか?

中国人卓球選手の二軍三軍がアジアやヨーロッパ国籍で出場して

上位入賞してるのを見ても違和感を感じないのでしょうか?

東京でオリンピックをやると一般庶民にとって何が良いんでしょうか?

金儲けするのは利権に顔が効く一部のブラック企業だけ

五輪委員会はレガシーレガシー言ってますが

負の遺産にしかならないのは過去を見れば明らかじゃないですか。

あんなもん今一時の盛り上がりで無意味に金をつぎ込んだら

それで終わりですよ。

支払いはどうせ税金でされるんですよ?

われわれの財布からまた無意味に金が掠め取られるだけじゃないですかね。

東京五輪が311の復興のシンボルになるんですか?

日本国民に活気と希望が取り戻されるんですか?

それって2兆円の税金使ってやらなきゃいけないことですか?

そんなんじゃ東京五輪をやる意味なんて何も感じませんよ。

2016-12-12

機を逸してしまった反インフルエンザ予防接種記事

最近、またケムトレイルをよく見かけるように思います。

「書こう書こう」と思ってるうちに

「でも毎年書いてる気がするからなぁ…」

と思ってしまい機を逸した感がとてもある

反インフルエンザ予防接種の記事。

世間ではパスツールの提唱した

「病原体原因説(正式な名称かは知らない)」

がまかり通っているので

「インフルエンザ」という感冒が

「インフルエンザウイルス」という微生物によって引き起こされる

という期間限定のカルト宗教が今年もとても広まっているようです。

そうですか

インフルエンザウイルスが体内に入るとインフルエンザを発症するんですか

じゃあ日本人全員発症してるはずでしょ

あんなウイルスそこら辺に普通にウヨウヨいるんだから。

まぁカルト宗教にのめり込む人たちは

理性も知性もない状態に陥ってしまっているから仕方ないですが

パスツールの死の間際の言葉を送りたいと思います。

「私の細菌理論は間違っていた。細菌を取り巻く環境が病気を左右するのだ。」

はい、そういうことです。

細菌やウイルスなどは原因そのものではないのです。

感染症を発症する原因は宿主(患者)の免疫力・免疫状態にあります。

免疫が完璧に機能している状況下ではあらゆる感染症を発症しないでしょう。

完璧とはいかないまでも免疫が十分に機能している小生など医者は

日常診療で感染症の人たちとたくさん接していても感染症を発症しません。

一方で免疫不全になった状況ではちょっとしたきっかけで

さまざまな感染症を発症することになります。

病院でよくやる標準予防策など無意味なのですよ。

それがわからない当たりが感染症専門家の無能なところですが。

あらゆる院内感染症を阻止したいのなら

今すぐ患者を全員退院させればいいんじゃないですかね?

免疫力が弱った人間を不健康な環境に一日中寝かせておいて

医療者があれこれやったって予防なんかできやしませんよ。

ちなみにパスツールの細菌理論には元ネタがあると言われます。

アントワーヌ・ベシャンの理論を盗んだのがパスツールだと言われます。

しかし、その話はまた別の機会に…。

2016-12-12

TPPをやりたいのは誰なの?

TPPの承認案が衆議院でも参議院でも可決されました。

さすが売国奴の安倍チョン、強行採決してでも国会で承認させるんですね。

ヒラリーもトランプもTPPには反対していたのに

一体誰がTPPをやりたいんでしょう?

賢明な方々ならお分かりのように

TPPが実現して利益を得るのは多国籍企業だけです。

過去、自由貿易に参加して潤った国家など存在しません。

なにせISDS条項があるのですから。

企業が儲からずに国家が儲かったら即、裁判なわけですよ。

そして国家予算を超える賠償金が要求される…

えぇ、儲かるのはただただ多国籍企業…

言い換えれば「無国籍企業」だけなのですよ。

きっと安倍チョンも麻生与太郎も

TPPで得する企業から袖の下を大量にもらってるんでしょ。

そういう企業からすれば命令に忠実な使い捨ての駒には

ご褒美をはずむわけですよ。

そういう連中は倫理でも良心でもなく金で動くのですから。

そういえばゴルゴ13を読んでいると

そういう使い走りの末路がしょっちゅう描かれていますね。

金で動くような奴はしょせんその程度の人間。

用が済んだら他の連中に買収されないうちに始末されるのです。

さて、安倍チョンと麻生与太郎の「訃報」がいつ訪れるのか…

来年の春先くらいですかね?
プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR