FC2ブログ

2016-12-16

日本愚民化政策その5 カジノ解禁法案

12月14日いわゆる「カジノ解禁法案」が参議院本会議で可決されました。

民進党はこれに対して内閣不信任案を提出する方針。

一方、ユダヤ自民党は会期を延長して今国会で成立させる方針です。

前にも書きましたが

「自由民主党」という政党名を作り出したのはユダヤ人です。

ユダ金大好きの安倍チョンはがんばってこの法案を成立させるようです。

「カジノ解禁法案」はどう考えても国民愚民化政策です。

当たり前の指摘ですが

「外国人観光客は日本にカジノで遊ぶために来るのではない」

という一言に尽きると思います。

ネバダ州の何もない広大な砂漠地帯だから

「罪の都市」

が成立するようなものの

本来、世界に誇るべき自然と文化を有する日本で

何故、外国人観光客のためにカジノを作らなければならないのでしょうか。

外国人観光客がまず訪れたい地域No.1が京都です。

わかりやすい日本の文化の表現型ですよね。

それに国土の7割が森林という

欧米と比べてけた外れに自然が残されており

本来美しくあるべきはずの日本です。

(とはいえ、無計画で無秩序で無責任な開発をくりかえして日本の

 美しい自然を破壊し続けているのが日本の現状ですが。)

カジノなんて、どう誤魔化そうとしても賭博でありギャンブルであり

暴力団など犯罪組織の温床です。

(そういえば安倍政権と弘道会は仲がいいんでしたっけ?)

日本で唯一、個人でギャンブル経営を許されたのが

右翼の黒幕こと笹川良一という

アメリカ政府に魂を売った売国奴だったわけですが

その笹川良一の利権がボートレースであり

その笹川良一の負の遺産が「日本財団」であって

このたび、東京五輪でボート競技の会場が

水の森公園になりましたけれども

小池百合子が日本財団からいくら袖の下をもらったのかは

まだ当分あきらかにならないのでしょうね。

日本ではCIAの工作員がギャンブルを運営していました。

韓国ではパチンコは「国家を滅ぼす」として禁止されています。

ここのような状況でさらに政府は賭博の蔓延政策に乗り出すわけです。

ギャンブルなど真っ当な精神の人間がすることではないでしょう。

今までの歴史上、崇高な知性や精神をもった偉人の中で

ギャンブルを推奨していた人っているのでしょうか?

「カジノ解禁法案」はとりもなおさず国民愚民化政策であり

また、近年“シノギ”の減った暴力団に利益供与するための

国家破壊法案でしかありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR