FC2ブログ

2017-02-03

またNHKがアンチ大麻キャンペーン

自称「国民的放送局」のプロパガンダ工作機関NHKが

またアンチ大麻キャンペーンを行っています。

2月2日、NHKを代表する捏造番組「クローズアップ現代」で

いかに大麻が悪いもので、世の中にはびこり始めているか

とせっせとプロパガンダ活動をしていました。

大麻がそんなに邪悪で有害なものだとしたら

戦前までの日本はとっくに国家として崩壊していると思うんですが

どうでしょう?

別に小生はマリファナを推進するつもりなど毛頭ありません。

そもそも、特定の化学物質に依存する生き方など

ゴミクズ以下のなんでもないとさえ思っているくらいですので。

なのでマリファナが普及することなどお断りですが

創価学会率いるNHKでは産業用大麻の復権さえも

「それによって結果としてマリファナが蔓延することになる」

という論調でした。

それで、コメンテーターを見てみたら

夜回り先生こと水谷修氏が

まぁ大麻についてひどい嘘八百を並べ立てているではないですか。

大麻のような軽い薬物が、ヘロインなどのより危険な薬物の入口となるという

いわゆる「ゲートウェイ理論」を自信満々に展開していましたが

ゲートウェイ理論はすでに検証され否定されています。

また、大麻がいかに人体や心身に影響するかということを

ご自身の身近な方を例に挙げて熱弁しておりましたが

そもそも個別のケースを持ち出して一般論を語ることは

科学的に適切な手法とはいえないので

なんの説得力もありません。

「この人物は一体何なんだろうか?」

と思って調べてみましたら

こちらのサイト様で正体がバラされていました
ttp://blog.goo.ne.jp/sora559977/e/9eac7091469ae0dab09b5d1b71d4d3c0

こちらのサイト様から水谷氏に関する部分を引用させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------(以下、引用)
「夜回り先生」こと、少年少女の非行問題に取り組む教育評論家の水谷修氏は『第三文明』2011年7月号において、
「創価学会青年部員は、すぐに分かります。目が輝いているのです。希望にあふれ、体から『なにかしよう』という意欲が感じられます。その理由は信じるものがあり、生きる目的を自覚しているからだと思います。それは信仰の力であり、敬愛する師匠・池田大作先生への熱い想いが青年たちを力づけているにちがいありません」
------------------------------------------------------------------------------(以上、引用)

あ、ちなみに数年前に末期がんだったのに

宗教の力で奇跡的に治癒したんですかね?

そりゃあすごい。

創価NHKのコメンテーターに

創価学会の広告塔が出演して

創価学会の意向をせっせとプロパガンダする…

創価学会的には大麻が日本の社会に復活すると

相当お困りのようですね。

ちなみに産業としての大麻の有効性については…

① 海外に依存しない繊維産業(衣類・紙パルプなど)

② 化石燃料に依存しないバイオエネルギー政策(ヘンプオイル)

③ 健康食品としてのヘンプオイル(ω3、ω6系脂肪酸)

④ 森林伐採を阻止する建築資材(大麻は3か月で2mくらいまで成長)

⑤ 鉄鋼業からの離脱(植物樹脂の応用が世界では進んでいます)

などなど

現実的な実利面でも大いに有効な産業です。

なにより、この日本において自国で資源として入手できて

しかも産業応用の幅が広いという点で

大麻のようなすばらしい植物を法律で禁止するとか

もう基地外以外のなんでもないと思うんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR