2017-06-09

医者に労働基準法は適用されない

過日、新潟市民病院の研修医が過労死したとニュースになった。

なんでも、月の時間外労働時間が200時間を超えていたのだという。

小生のひと月の時間外労働時間が80時間以上なだけで
(別に小生にとってはなんともないのだが)

病院側からはもっと早く帰るようにそれとなく勧告されているというのに

さすがに200時間以上では寝る間も休日もなく仕事をしているようなものだ。

しかし、地方の小中規模病院にとっては

研修医は貴重かつ重要な(そして廉価な)マンパワーとして

なくてはならない存在となってしまっているのが現状だろう。

しかし研修医は研修医なので

仕事が早いとは言えず、臨床に関してもわからないことだらけで

何をするにしても上級医よりも時間と労力、負担がかかってしまうというもの。

今回のニュースは、税金を数億円投じて育てた貴重な医療資源たる医師を

医療の現実がまんまと浪費しきってしまったというようなものです。

まぁ間違いなく、監督の立場にあった病院と上級医の責任です。

それが常態化していたとしたら、新潟市民病院はすでに限界病院でしょう。

とはいえ、外科医を筆頭に、

医者は一般人と比べて長時間勤務が当たり前になっています。

労働基準法なんてどこ吹く風、そんなもの適用していたら手術なんかできません。

脳外科手術なんてモノによっては24時間以上やってたりするんですから。

そう、日本の医療の一つの側面として

医師の人権を犠牲にして成り立っている部分があるのです。

別に今すぐ仕事の負担を軽減しろだなんて考えていませんけれど

もしも、日本のすべての医師に労働基準法が厳格に適用されて

強制休養させられるような世の中にでもなろうものなら

土日や祝日に急病を患った人の中には

運悪く死ぬ人もでてくるでしょう。

果たして日本の一般庶民がそれを良しとするのかどうか…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR