2017-07-14

中身は何も変わっていない都議会

先の都議会議員選挙は

都民ファーストの党が大勝するという結果に終わりました。

この結果を見ていて思い出されるのは

小泉純一郎が首相を務めた時代の

「小泉チルドレン」現象です。

小泉純一郎も在日朝鮮人グループが送り込んできた日本破壊分子でした。

彼は「聖域なき改革」という

いかにもなスローガンを掲げて

郵政の民営化 → 国民が郵貯に貯め込んだ大金を市場へ放出する

というコソ泥っぷりを発揮していたわけです。

(ついでに民営化の結果、田舎の郵便事業が崩壊したわけですが)

その小泉純一郎政権下に大量投入されたのが

「小泉チルドレン」

と呼ばれる

知性も政治的ポリシーも責任感もなにもない容れ物議員たちでした。

その代表格として当時から注目されていたのが杉村太蔵氏でしたが

今やタレント業が大成功して安泰な人生を送っているようです。

まぁ、彼が目立ってしまうのですけれど

今でも政治家として活動を続けている人ももちろんいますけどね。

どっちにしても彼らは当時、「小泉純一郎」というネームバリューを頼りに

選挙に出馬して当選するという、代議士として無責任そのものでした。

それとまったく同じ現象だなぁ…と思うのが今回の「都民ファースト」現象です。

そういえば尻軽の小池百合子はかつて

小泉純一郎に取り入ろうとせっせと手弁当を作って馳せ参じてましたっけね。

あれとまったく同じですね。

自分で政治家を志して勉強するでもなく、地元で政治活動を地道にするでもない

小池百合子というブランドに乗っかってホイホイと選挙に出馬して

庶民を搾取する特権階級になってやろうという

そういう薄汚い魂胆がバレバレの連中が

都民ファーストの会であり小池塾の塾生なのですよ

彼らを選んだ都民のことをどうこう言うつもりはないですけれど

東京都議会の政治なんてそんなもんだということだけは

今回の選挙ではっきりしたんじゃないでしょうか。

そういえば小林麻央がかつて出演していた「恋のから騒ぎ」というTV番組で

とびっきりの基地外だった人物が都議会議員とかやってますしね。

つまり…別に都政は今までもこれからも何も変わらないってことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR