FC2ブログ

2017-08-20

日本の夏、戦争の夏

日本では8月中旬のお盆の時期を中心に

夏休みをとる家庭や企業が多いようです。

そしてお盆のころというと、

ちょうど太平洋戦争や大東亜戦争が終戦を迎えた時期ということで

マスゴミTVではとにかく朝から晩まで戦争に関する番組を放送するものです。

反日左派なマスメディアはせっせと“日本が悪かったんだ”

というメッセージを繰り返し

反日右派はせっせと“皇国日本はアジアを植民地支配から解放した英雄”

というメッセージ繰り返しています。

けれども

これらはどちらも正しくない視点・解釈だと理解しています。

戦争など狂気そのもの。

いかなる理由をこじつけようとも狂気以外の何物でもありません。

そして戦争である以上、国家レベルでも現場レベルでも

生存と欲求を満たすために人も殺すし物も奪うというものです。

善も悪もなく、どちらかといえば狂気以外の何もないと理解していますが

しいて言うならば戦争において善など一かけらもない

と言わざるを得ません。

そうしないと戦争を部分的にでも肯定することになりうるのですから。

さて、そんな戦争が終戦を迎えてからすでに70年が経過し…

もはや生き証人もわずかしかいない状況になりましたが

日本はいまだに戦後から脱却していません。

なぜなら戦時中に練られた構想に基づいて

終戦に際して結ばれた条約や協定を基礎として

戦後日本の政治経済、社会の仕組みが作られているのですから。

なぜ無知で無能な人物が総理大臣となりうるのか

なぜ官僚が私利私欲を貪るために国民を陥れるのか

その答えすべてが先の世界大戦に存在するのです。

広島の原爆ドームを観るのもいいでしょう。

長崎の平和公園に行くのもいいでしょう。

でもそれならば

渡部悌治 著 「ユダヤは日本に何をしたか」

を読んでみませんか?

日ユ同祖論なんてクソくらえ。

レムリア大陸の末裔であり多民族国家である日本人と

いつでもどこでも社会に馴染まない厄介者であるユダヤ人を同根とするなんて

まっぴらごめんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR