FC2ブログ

2017-12-09

ユダヤが堂々と世界の表舞台に

アメリカ合衆国トランプ大統領がついに

“エルサレムをイスラエルの首都に認定”

しました。

これは世界の政界にとって大激震。

そもそもアメリカ以外に

イスラエルを正当な国家として認定している国は地球上に存在しませんでした。

イスラエルという国はパレスチナで暮らす民族の土地であったにも関わらず

自称、神の選民であるユダヤ人が

自分たちが神に与えられた土地であると主張して不法に占領し

ユダヤ人の国であると言い張っている土地です。

この、第二次世界大戦後に仕掛けられたユダヤによる世界征服作戦において

反ユダヤを潰すための肉の壁に利用されたのがアウシュビッツ。

「アウシュビッツ収容所でユダヤ人が民族浄化されそうになった」

なんて嘘、まともな知性のある人は誰も信じないわけですが

この嘘が政治の舞台においてはまさに伝家の宝刀となっているわけです。

さて、そんなインチキ国家であるイスラエルを

独立した正式な国家であると認定し、あまつさえエルサレムを首都であると

トランプのこの発言はまさに第三次世界大戦の宣戦布告並みの発言ですね。

これが、アメリカ白人保守層のご意見なんでしょうか?

これがアメリカ合衆国にとって自国の利益となることなんでしょうか?

クリントンではなく、トランプが大統領になって

本当にアメリカの裏社会の勢力図が変わったのでしょうか?

トランプ大統領は、いかにも白人至上主義のようでいて

娘婿はユダヤ教徒、娘もユダヤ教に改宗しようかという勢い

そして財務省長官、国務長官、国家経済会議の委員長のすべてが

ロックフェラー家に関係する人物と…

まさにトランプ政権=ロックフェラー政権なのですよ。
(ロックフェラー家=アメリカンユダヤの頂点)

ただし、死にかけ爺ちゃんのジョン・ロックフェラーと

脂の乗りきったジェイ・ロックフェラーとの間には対立があるようですが。

どっちにしたってフリーメーソンを自分の手足のように使うことができ

イルミナティの一員である一族による政治支配には変わらないわけで

ジョン・ロックフェラーでさえ空気を読んではばかっていたイスラエル問題を

平然と表舞台に出してきて既成事実化しようとしているあたり

ジェイ・ロックフェラーの若さと勢いの表れでしょうかねぇ。

第三次世界大戦はユダヤ=フリーメーソンによる世界征服の最終ステップ。

戦争になったら日本は終わりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Saga of Gemini

Author:Saga of Gemini
一外科医として
今、できることを。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR